投稿者「のだめもどき」のアーカイブ

のだめもどき

のだめもどき について

大企業の関連会社・子会社在籍時、滅私奉公した会社に捨てられたおじさんたちの悲哀を目の当たりにし、企業人として働くことに強い疑問を抱く。 そんな時、「自分で自分を養える」手法としての、ネットビジネスに出会う。 自身もセクハラ・パワハラ被害を経験し、抑うつで退職、平成25年からネットビジネス専業に。 白内障治療も無事終了し、現在の視力は左右とも1,0程度。 良くなった目で実績を積み上げるべく、日々是精進中。 詳しいプロフィールはメニューバーの「プロフィール」から、「のだめもどきの黒歴史」をご覧下さい。

亡き人の 年を数える 誕生日 ~たまには感傷的でもいいじゃない~

              

人は、2度死ぬ。

1度目は、肉体が滅ぶとき。

そして2度目は、その人の存在が、人々の記憶から消え去るとき。

その人のことを、誰も思い出さなくなったとき、人は2度目の死を迎える。

そういう意味で考えると、歴史に名を遺した人は、永遠に生き続けている、と言えるかもしれない。

3年前。

春ごろから、やたらとある人のことが気になって仕方なかった。

「今どうしてはるんやろう」

「元気にしてはるんやろうか」

共通の知人から、「元気に仕事してはる」と聞かされ、
ほっとすると同時に、「それなら、なんでこんなに気になるんや」と、
何かが気になって仕方がない。

なんでや。

おかしいやん。

胸のざわめきが収まらない。

収まらないそれが、無性に不安を掻き立てる。

そんな思いを抱えつつ、夏を迎えたころ。

夢にその人が出てきた。

二人で、春の陽だまりの中で、のんびりと会話を交わしている、そんな夢。

私の他愛もない話を、ニコニコと聞いていて、良い眼科医に巡り合い、
視力が劇的に回復したと伝えると・・・。

「良かったな」と、さらに目を細めてニコニコと笑った。

そこで、目が覚めた。

妙に鮮明な夢。

「なんやったんや、今の夢・・・」

春から続いていたざわめきとその夢が、さらに不安を掻き立てる。

何か、あの人にあったんやろうか?

いや、でも・・・元気にしてはる、と聞いてるし・・・。
ひたすら、不安を打ち消しつつ、日常を送った。

秋を迎えたばかりの頃。

ひとり、自宅で本を読んでいた。

私の傍らには、まだ子猫だった、シャアとセイラ。

時刻は、午後2時を過ぎたくらい。

その時。

ふわっとタバコの残り香が、香ってきた。

「え?!なに?!」

我が家は、マンションの10階以上に位置している。

窓は閉めている。

家の中には、私と2匹の子猫しかいない。

そのタバコの残り香が香ったのは、ほんの一瞬。

窓も開けていない、もちろん私は吸わない。

常識的に考えて、タバコが匂うはずがない。

でも、幻ではない。

確かに、ふわっと香った。

春からのざわめき、夏の鮮明な夢、秋のタバコの残り香。

「あの人に、やっぱり何かあったんちゃうか」と、不安がさらに掻き立てられた。

その翌日。

その人の訃報が届いた。
亡くなったのは、私が夏にその人の夢を見た日だった。

その人は愛煙家だった。

そして、他人に気を使いすぎるくらい、気を遣うヒトでもあった。

気を使いすぎて、相手に「そこまでお気遣いさせてしまって・・・」と、
かえって恐縮させてしまうような、そんな失敗もしてしまうような人。

私がタバコを嫌いなのを知っていたので、同じテーブルについているとき、
タバコに火をつける前に必ず一言「吸うよ」と断りを入れていた。

「あ、じゃあその間、席を離れてるね」と返すと、「そこにいなよ」と言いつつ、
私の方に煙が流れたりしないよう、せっせと手で煙を払いのけながら、吸っていた。
本当は、気兼ねなく吸いたかっただろうに。

余談だけれど、愛煙家にこんな風にされていたので、
「吸ってもいいですか」も聞かずにタバコに火をつけるタバコのみが嫌いになったに違いない。

その人のことは一度も「タバコ臭い」と思ったことはなく、
その匂いをむしろ、髪や服からふわっと香るタバコの残り香、として認識していた。
大人の男の色香、ってこういうものなのかな、と思いつつ。

相手に好意があるかないか、でこんなにも認識は変わるんやな・・・。
書いていて、改めてそう思う。

そんな気遣いの人だったので、もしかしたら、「俺の訃報、明日届くけど、驚くなよ」と、
私の読書中に、あの頃のようにふわっとタバコの残り香を立たせたのかもしれない。

今日、3月14日はその人の誕生日。

「アインシュタインと同じ誕生日なんだよね」と、言っていた。

亡くなった人の年を数えるのは不毛なことだけれど、
生きて元気だったら今年で・・・とふと思う。

その人を知る人達の心の中に、その存在は生き続ける。

私の中にも。

今日が誕生日だったからなのか、また最近やたらとその人を思い出す。

もしかしたら、最近のよろしくない状況を心配してくれているのかな。

「お前、もっとちゃんと生きろよ」そんな声が聞こえてくる。

いいでしょう、今日くらい。

誕生日だし。

たまには、感傷的でもいいじゃない・・・。

バージョンを アップしたった PHP ~少しは表示速度上がったんかい~

              

Xサーバーからメールが

先日、WordPress本体の脆弱性を突かれたのは記憶に新しい。
通常、サイトのコンテンツを書き換えるには、サイトのダッシュボードにログインし、
ごそごそと中身を書き換えなければならない。

ところが、先日の記憶に新しい脆弱性を突かれた攻撃は、ダッシュボードにログインすることなく、
サイトのコンテンツを書き換えることが可能、というとんでもないモノだった。

企業サイトなどは、バージョンアップがあった場合、
まずXAMPやMAMPで既存のコンテンツなどに影響が出ないか確認しなければならないから、
個人でやっているサイトと違い、自動更新をオンにしていないサイトが多かっただろう。

企業サイトを案件として抱えていたところは、大変だったに違いない。

私は自動更新をオンにしているので、勝手にバージョンアップされるから、
幸い、サイト改ざんの被害には合わずにすんだ。

ほっと一息ついていたら、Xサーバーからこんな趣旨のメールが。

「PHPのバージョン、最新の7.0が推奨になったから、バージョンアップしてね」と。

むむ・・・。
一難去ってまた一難?

セキュリティのためにやっておくべきこと、それは・・・。

サイト運営者にとって、セキュリティのためにすべきこと、それはバージョンアップ。

WordPress本体のみならず、プラグインも、そしてPHPも。

古いバージョンは脆弱性を突かれる危険があるし。

かといって、ホイホイと元気よく上げるのも怖い、といえば怖い。

ローカルにインストールしたMAMPで新しいバージョン検証してからでないと、
どんな不具合が出るかわかったもんじゃないから。

以前、WordPress本体が3.xx時代に、本体バージョンアップを自動更新にしてしていたら、
Googleアドセンス表示されなくなったことがあったので、一時期手動更新にしていた。

しかし!

WordPressはオープンソース。

世界中の手練れが集結して開発しているけれど、オープンソースということは、
同時に、バッカー(はっか~なんて呼んでやらない)にも、
コードの中身がさらされている、ということでもある。

となると、手動更新にしていると、検証しているわずかばかりの時間に、
バッカー(はっか~なんて呼んでやらんよ、絶対)の攻撃をみすみす招きかねない。

というわけで、しぶしぶ自動更新をオンにし、バージョンアップで表示がおかしくなったら、
後追いで自力で何とかするようにした。

プラグインは自動更新できないから、バージョンアップがあったら、
せっせと手動更新していた。

ところで、PHPは、というと・・・。

今までのバージョンも使えるけれど

Xサーバーからのメールによると、新しくWordPressをインストールする場合、
推奨の最新版、7.0がデフォルトになったそうな。

これまでのPHP5.6も使えるけれど、できれば早くバージョンアップしてね(意訳)とある。

表示速度も上がるらしい(ホンマかいな)ので、自力検証が甘いまま、
Xサーバーのサーバーパネルで、PHPをバージョンアップ。

何事も起きませんように・・・。

内心、びくびく、ドキドキしながら、ラジオボタンをぽちっと押す。

サイト、真っ白けっけとか・・・。

前、やらかしたよなあ、パスワード入れ間違えて、セキュリティプラグインに締め出され、
おまけにサイト真っ白けっけ。

あれの再現は勘弁してけろ。

・・・。

幸い、そんな恐ろしいことは起きることなく、とりあえずぱっと見には、表示が崩れた様子もなく、
拍子抜けするくらい実にあっさりと、PHPのバージョンアップは終わったのだった。

ホンマに、表示速度上がってるんかいな・・・。
いまいち、実感がわかないんやけれど。

 セキュリティ第一。

手間暇かけて作成したサイトがハッキングされ、改ざんされたりしないよう、
WordPress本体とプラグインは最新バージョンにアップデート。

それらを動かすためのPHPも、最新バージョンにアップデートしておきませう。

サイト運営・管理するなら、まずはセキュリティ。

都民ファーストならぬ、セキュリティファースト。

で・・・ホンマに表示速度、上がったんかいな?
よくわからんわ。

もうやめた ツラい我慢は もうしない ~長々とツラい思いをするよりも~

              

ここ何年も我慢し続けたことがついに限界を迎えた

ここ何年間か、ツラい我慢をし続けてきたことがある。
特に、昨年の春くらいから、状況は悪化してきた。
夏くらいから事態の悪化・混迷はさらに増してきた。
精神的にも、経済的にも負担がどんどん増していく。
もともと、丈夫なたちではない、体調もどんどん悪化する。
精神と肉体の状態は、強くリンクしている。
それを、まざまざと思い知らされ続けた日々。

それでも仕事はしないと食べていけないので、しょうがないから、
へっぽこアホアホサイトのメンテナンスはしても、更新をあきらめ、
何とか、望ましくない事態を改善しよう、とひたすら抗ってみたけれど、
そんな私をあざ笑うかのように、事態はますます悪化していく。

この事態に陥ったのは、私には責任がほとんどない。
そう、言い切っても過言ではない。

なぜなら、弁護士さんに無料相談したところ、
相手方を有責として実行することは可能、との回答を得ているから。
もちろん、念のため、他の弁護士さんにも相談して見解を伺うつもりやけれど。

こう書くと、賢明なる読者諸姉諸兄は、あれ、まさか・・・とお思いになるかも。

もう、我慢しない。

私が事態の改善、打開に努めていても、ただ足を引っ張り、他力本願。
もう、面倒見切れない、見るつもりもない。

これまでに、この件を打ち明けたのは・・・

ここ何年間も私を苦しめ続けたこの件を、相談したり、こぼした愚痴を受けてもらった人は、
それほど数多くはいない。

私の父親と弟。
私のヤ〇ハ時代の上司。
そして・・・相手方の元上司。

これらの人々は、私の立場と「こうしようと思う」という考えを支持してくれている。

特に、父親と相手方の元上司からは、「もうアカンやろ」とも言われた。

ちらっとこぼした愚痴を受け止めてもらったのは、私にとっての、
インターネットビジネス上でのメンター。

その人にも詳細を話しているわけではないから、
「こうすることにしました」と伝えたら、びっくりされるかもしれない。

ただ、私がその問題でここ何年間か頭を抱え続けていること、
相手方のある種のだらしなさはよ~~~くご存じなので・・・。
おそらくだけど、「考え直したら」とは言われない、と思う。

これからなすべきことを整理する

自分で自分を養う程度には稼いでいる。

とりあえず、ピアノ可・猫飼育可の物件を探す。

車の運転があまりうまくないので、公共交通の便がいいところに引っ越したほうがいい。
できるだけ都心に出やすく、なおかつ父親の家にも行きやすい、そんなロケーションで探す。
父親には、賃貸探すより、中古マンション買うたら、とも言われたけれど・・・。
いっそ、弟と共同名義で購入しようかしらん、中古マンション。

調停や裁判はできればやりたくないので、スパっと終わらせるために、
信頼できる弁護士さんを見つけ、ことの成就までサポートしてもらう。

早急にやるべきことは、望ましくない状況を完全に終結させること、
それをサポートしてくれる専門家を探すこと、新しい住処を探して決めること。

それらをまずクリアせねば。

 問題にぶつかって、どうしよう、と考えるのではなく・・・

何か問題にぶつかったときに、人はどうしよう、と頭を抱える。

でも、頭を抱えているだけでは、何の解決にもならない。
それは単なる、思考停止に過ぎないから。

問題にぶつかったのなら、「どうしよう」と考えるのではなく、
「どうしたらよいか、解決できるか」を考えるべき。

これは以前、三井男爵閣下に言われたこと。
悩みに悩んだこの何年間、ずっと頭の中でリフレインし続けた言葉。

この先、何年生きるかわからないけれど、ずっとイライラさせられ続け、
精神的・経済的に依存され続けるより、この決断で生じる状況の方が、
私にとってはずっとマシな生活になるはず。

聖書にもある通り、「神は自らを助けるものを助く」。

自分を助けるのは、自分自身。

まず、自分が望んだ方向に動かなければ、状況は何も変わらない。

一時的にはツラくてしんどくても、明るい未来を信じて一歩踏み出すぞ!

2段階 認証なしは マジ危険 ~身近で起きたクレジットカード不正利用の恐怖~

              

それは、ある日突然に・・・

ある日、Twitterのタイムラインを眺めていたら、知人が恐ろしいことを呟いていた。
クレジットカードを不正利用された、と。
その不正請求については、カード会社が水際で止めたけれど、
不正請求があったのはオンライン系ゲームの利用代金か何かだったらしい。

どこから漏れたんやろ?怖い話やな・・・と、知人に問いかけると、
さらに恐ろしい話が返ってきた。

抜かれたカード情報、カード番号、名義だけではなく、
クレジットカードの裏面にある3Dセキュアコードまで。

ご存知の方も多いと思うけれど、3Dセキュアコードというのは、
クレジットカードの裏面に印字されている3桁の数字。
クレジットカードでのオンライン決済をより安全にするために導入された本人認証サービス。

なんでそんなもんまで抜かれたんやろ?という私の疑問への、被害にあった知人の答えは、
その時点では「セキュリティソフトの更新忘れ」。

ところが!

クレジットカード情報が漏れた理由、知人の推定とは違っていた。

それだけではなく、被害はそのクレジットカードだけではすまなかったのであった。

判明したクレジットカードの情報漏洩源は?!

さて、そんなやり取りの翌日。

クレジットカードを不正利用された知人から、この件での追加連絡が。

「情報抜かれた原因、判明しました」

「他のカードも不正利用されていました」

「情報漏洩源は・・・私のEvernoteでした」

な、なんですと~~~~!!!!

Evernoteがハッキングされ、そこに記録していたクレジットカードの情報、
ごっそり抜かれてしまったとのこと。
しかも被害はそれだけではなく、同様に記録していた、
インターネットバンクの情報も抜かれ、被害にあっていた。

Evernoteのアクセス記録から、どこの国からやられたかも突き止めた知人。

被害拡大を防ぐため、Evernoteに記録していたクレジットカードの利用をすべて止め、
インターネットバンクのパスワード変更、2段階認証の設定、
Evernoteのパスワード変更、2段階認証の設定と、結構な時間を取られながら、
できうる限りのセキュリティ対策をした。

被害額は15万ほど。
その程度で済んでよかった・・・。

被害程度は低かったけれど、私自身にもハッキング被害を受けた経験が。

私自身のハッキング被害経験

以前、Facebookをハッキングされたことがある。
アカウント作ってほったらかしにしていたわけではないけれど、
ブルートフォースアタックを仕掛けられ、パスワードを特定されてしまい、
ハッキングされてしまった。

インターフェースを英語に変更され、名前もプロフィール写真も勝手に変えられてしまった。
幸い、被害はその程度で済んだけれど。

この時は、普段、日本国内からしかログインアクセスしないアカウントが、
アメリカ国内からログインしたのを不審に思ったFacebook社が、アカウントをロック。
そのため、私自身までも締め出されてしまった。
アカウント復旧のために「早く対処しなさい」とFacebook社から連絡を受け、
2段階認証を設定し、以来、ハッキング被害にはあっていない。

このハッキング被害で、利用しているインターネットサービスは、
2段階認証設定できるものは設定しておいたから。

2段階認証とは?

2段階認証は何か、ということをものすごく大雑把に説明すると、
ログインの際、ログインIDとパスワードだけではなく、確認コード入力が必要になるので、
IDとパスワードだけでログインするよりもセキュリティレベルは高くなる。

確認コードは、2段階認証を設定したサービス提供会社から、
登録したスマホやメールアドレスに送信されてくる。

また、2段階認証をオンにしておくと、日ごろそのサービスにログインする端末も登録できる。
万一、IDとパスワードが漏洩したとしても、登録外のデバイスからアクセスしようとした場合には、
2段階認証を設定したサービス者の提供する確認コードの入力を要求されるので、
ハッキングに手間がかかるようになる。
確認コードは、一定時間で変わるから、特定するのには手間がかかるはず。

つまり、2段階認証設定のメリットは、ハッキング被害を受ける可能性を軽減できること。

これさえやっておけば、不正アクセスを完全に防御できるものではないけれど、
セキュリティ対策はやってやりすぎることはない。

メリットはハッキング被害の軽減、ではデメリットは・・・?

じゃあ、2段階認証にデメリットはないのか、と気になるところ。

デメリット、というか・・・。

設定がめんどくさい、といえばめんどくさい。

万一、スマホを無くしたりした場合など、確認コードを受信できない状態に置かれたら、
サービス提供者から2段階認証設定したときに送られてくる、
16桁の数字などのバックアップコードを入力しなければならない。
バックアップコードは、サービス提供者によって英数字の組み合わせだったり、いろいろ。

バックアップコードは設定したときにしか見ることができないから、必ず
その時に印刷するなり、Wordとかメモ帳にコピペしてローカルかUSBに保存しておくかしておくこと。

バックアップコードを紛失すると、アカウントの復旧ができなくなってしまうから。
これ、非常に重要。

デメリット・・・になるのかどうかは利用者の考え方次第だけれど、
設定のめんどくささとバックアップコードの保管に気を遣うことがデメリットといえばそう言えるかも。

めんどくさくても、2段階認証は設定すべし!

知人がクレジットカードを停止し、インターネットバンクのIDとパスワードを変更し、
Evernoteに2段階認証設定し・・・と、ひとたびハッキング被害が発生すると、
その被害を最小限に抑えるための労力や、再発防止への手間暇、そして金銭的被害。

失うものが大きくなる。

だから、めんどくさい、と決して思わず、
Google、Apple、Micrsoft、Evernotes、Dropboxなどなど。

2段階認証設定できるものは、必ず設定しよう!

2段階 認証なしは マジ危険!ですぞ!

毎年の 確定申告 始まるでぇ ~今年は2月16日から~ 

              

「今年の確定申告はいつから?」

このへっぽこアホアホサイトのアクセス解析を見ていたら、
今年もお約束のように上がってきた、検索ワード。
それは、確定申告。

で、今年の確定申告は、
いつから受け付けでいつまで受け付けや?というと・・・。

国税庁のQ&Aページにあるとおり、
今年は2月16日(木)から、3月15日(水)まで

所得税還付になるヒトは、もう受け付けているのも例年どおり。
その場で税務署員が受付印を押してくれる申告をする場合は、
土日の提出と相談を受け付けていないのも例年通り。

ただし!

今年は、一部の税務署で2月19日、2月26日の日曜日にも対面提出と相談、
受け付けてくれるそうな。
2月19日、26日に受け付けてくれる税務署はこちら。

ご自宅住所の管轄税務署が該当しているかどうか、事前にチェックしときませう。

会社員で副業しているヒトで、住所地が上記の受付税務署に該当してるぞ!というヒト。

混雑するやろうけれど、この日はねらい目かも。
わざわざ、有給取らなくても税務署に行けるから。

まあ、対面提出じゃなくても、土日でも提出用のポストみたいなのに入れれば、
期間内であれば受け付けてもらえるけれど、郵送と同じで、控えの返送に時間かかるんよね。

「わざわざ、税務署に出向かなくても・・・」

税務署に出向くのめんどくさい、というヒトは・・・。

1、確定申告書を郵送する

ただし、受け付けたよ、と控えを返送してもらうのに返信用封筒同封して、
控えが返送されるのも1か月以上かかるんやったかな。

私自身は、この方法で提出したことはなかったりする。

2、電子申告を利用する

マイナンバーカードとICカードリーダライタを持っていれば、自宅で申告できるから、ラクかも。

ただし、いくつか注意点が。

「窓」でも「林檎」でも電子申告できるようになってる。

国税庁のサイトによると、「林檎」の場合、対応OSは10.9、10.10、10.11まで。
最新のmacOS Sierraは非対応。
使えるブラウザはSafari9.1。
Mac miniをEl Capitanのままにしてたの、幸いしたかも。

「窓」の場合は、「7」「8.1」「10」が対応になっているけれど、
使えるブラウザは、IE11で、Micrsoft Edgeは使えない。

つまり、どういうことかというと・・・。

Google chromeは、
「窓」でも「林檎」でも電子申告には使えないということなのであ~る。

が~~~~ん。

常日頃、Google chrome使っているから、IE使いずらいし・・・。
電子申告するなら、「林檎」でやろうかしらん。

電子申告しようと考えているヒトは、事前にご自分のPC環境が電子申告に対応しているかどうか、
必ず確認しておきませう。
申告期限ぎりぎりに気づいて、慌てることのないように。

「申告書が来ない?」

このへっぽこアホアホサイトの検索流入ワードに「申告書 来ない」というのがあった。

毎年、確定申告の時期になる前に、税務署から複写式の申告書と、
「確定申告の手引き」が送られてくるけれど・・・。

前年度、電子申告をしたヒトと、確定申告書の翌年度送付不要に〇つけたヒトには、
上記の書類が入った封筒、送られてこないよ~~~。

なんで送られてこないんだ?と思ってるヒト。
電子申告していいのであれば、去年の確定申告書の不要欄に〇つけてるんちゃう?
(経験者は語る)

「自力でやるのもいいけれど」

確定申告、めんどくさいから、会社員しながら副業やってるヒトは、
早めに税理士さん探して、毎月の記帳から申告まで、お願いしたほうがラクやと思うよ。

でも、税理士事務所が一番忙しくなるのは、毎年2月~3月のこの時期。

今から、泣きついても受け入れてくれる税理士事務所、たぶん見つからないぞ。

今年は自分で頑張って、来年からお願いするところ、早めに探すべし。