申告は 余裕を持って お早めに・・・。

      2016/12/18

わたくしめのピアノのお師匠様。
確定申告は毎年2月の受付開始とともに済ませているそうな。

今年もそうしたら、2月末に還付金が返ってきたそうです。
去年などは3週間以上待った記憶があるので、今年はいやに早いわ~、とのこと。
これが提出期限ギリギリだと、返ってくるのが1ヶ月以上先になった記憶があります。
というわけで、皆様。
まだだよ~、という人は早めに書類作成しませう。

確定申告で計算した所得税。
ご存知だとは思いますが、納税期限も3月15日です。
ちなみに、消費税は3月末。
振替納税制度を利用していれば、4月に指定した口座から情け容赦なく計算した所得税が差っ引かれますが、現金で納付する場合は3月15日ですぞ。
申告書を提出しに行くときに、計算した税額現金で持参して納税するのが手間いらず、ですね。

税務署は税金とれる時はキビシク取立てますが、税金を収めすぎていても「これだけ払いすぎですから、返すための手続きしてください」とか「こうした方が税金おトクですよ」などということは口が裂けても言いませぬ。
まあ・・・そういうアドバイスは税理士さんにお願いすることですけどね~。

なので・・・。
我々は税金の仕組みについてみっちり勉強しなければなりませぬ。
収めるべきものは収めないといけませんが、基本、会社員は税金取られすぎなのでございますよ。

男性が毎日出勤するために着ているスーツにしても、一揃え安くても3~4万はかかるでしょ?
日々の食費や自身の向上のために書籍購入したりセミナー参加したりする費用も、会社員は必要経費と認められないのでございます。
しかも、独身の場合は基礎控除の33万円(だっけ?)しか控除がないのですね。
奥さんや子供がいたり、親御さんを扶養家族にしていたりすれば条件付きで控除額増えますが・・・。

会社員は自営業者や個人事業主に比べ、「所得税を課税される」ことに関してはホントに不利な状態に置かれています。
国の方針が「取りやすいところからぶん取る」という考え方なんでしょうね。

社畜兼業でネットビジネスやっていて、まだ開業届を税務署に出してない人は早めに出したほうがいいですよ~。
セミナー参加費やツールの購入費用、せどら~仲間との打ち合わせの飲食も経費で落とせるようになるので・・・。

ネットビジネスの収入・経費をちゃんと損益計算し、社畜収入と損益通算したほうが長い目で見て所得税・住民税ともにおトクになるはずです。

これだけデフレ経済が長引き、国全体の税収が落ち込んでいる現在の状況からすれば、ヤフオクや密林マケプレの出品者に対しての監視を国税庁も強めているはずです。
いつ何時、税務署が御宅に急襲するかもしれないですし。
今までバレずにやってきたんやから、大丈夫やろ・・・という考え方はやめたほうが安全ですぞ~。

税務署は ある日突然 やってくる・・・。

 - せどりと税金