アブナイで 戦略欠いた ビジネスは・・・。

      2016/12/18

ネットビジネス・・・。
リアルビジネスよりも参入障壁が低い、と言えば低いですね。

リアルビジネスで物販をやろうと思ったら、店舗を借りる・店舗のランニングコストがかかる・人件費もかかる・・・等、参入障壁がどど~んとまず立ちはだかりますよね~。
運転資金を銀行などの金融機関から借りようと思ったら、融資の審査のために、事業計画書の提出とか現在の資産保有状況とかも詳しく細かくツッコまれ・・・質問されるだろうし。

その点、ネットで物販に取り組もうと思ったら、最初の自己資金が3万円くらいからでも、ヤフオクなどのオークション・せどり・輸出入と色々ある物販の中から、自分にできそうなものを選んで始めることができますね。

ネットビジネス、大きく分ければ3つのジャンルに集約されますが・・・。
これからネットビジネスに参入しよう~と思っていて、どないなジャンルがあるか知らんがな・・・という方は、詳しくはこちらの本を読んでみませう。

働かないで年収5160万円稼ぐ方法/川島 和正
¥1,365
Amazon.co.jp

ただし・・・。

参入障壁が低い・・・からって、なんも戦略立てないで取り組むとそのうち行き詰まってしまいまっせ~。

例えば、自己資金3万円から始めたとして、初月の売上目標を10万円に定めたとします。
1ヶ月30日、4週間と2日と考えると、1週間あたりの売上を2万5千円、1日あたりの売上を3500円くらいで達成できますな。
ここで大切なのは、現実的な目標と一緒に、大きな月商目標も立てておくこと。
例えば、50万円とか。

初月の10万円の売上のうち、利益率を考えるとまだまだ微々たるもんです。
密林マケプレでの販売であれば、手数料を考えると仕入れ値の2倍の価格でお客様にお求めいただいたとして、利益率約3割。
初めのうちはなかなか利益上がらないですぞ・・・。

副業でやってる方や主婦の方が実践者だと、ついついネットビジネスの売上を他の家計費やお小遣いに使ってしまいがちですが・・・。
それをやってしまうと、いつまでたっても売上伸びていきまぬ。
10万円売り上げが上がったとしたら、経費分除いた残りを次の仕入れ資金にせなあきまへん。
そうして資金を雪だるま式に膨らませ、目標の月商に達するまでは、売上に手ぇつけたらあきまへんで。

扱う商材・月々の売上目標・・・できるだけ、細かく書き出して戦略をきちんと立てませう。
また、収入のリスクヘッジとして、ある程度成果を出せるようになったら、他の性質の収入の柱も立てるように計画しませう。

そうしないと、ちょっとやって思うように成果が出ないと思い、ネット上に溢れかえっているノウハウに次から次へと飛びつくだけの、ノウハウコレクターになってしまいまっせぇ~。

今日の記事も、自戒を込めて~。

 - せどりと日常のつぶやき