インドア派 努力で仕入れは アウトドア・・・?

      2016/12/18

エエ年ぶっこいて、ど~してもやめられないモノがあります、わたくしめ。

お菓子と漫画はやめられな~い♪♪♪
 ↑ とあるアニメのエンディングテーマの歌詞でございます~。ツボにはまりすぎ!

あ・・・あと、DSもやね。

そんな超インドア派のわたくしめのようなヒトをターゲットにしたんやろうな~、というこの雑誌。

オトナファミ 2013年 3月号 [雑誌]/著者不明
¥590
Amazon.co.jp

「インドアエンタメ総合誌」。
どツボにはまるキャッチコピーやわ~。

もう1冊、ツボにはまっているのはこちらの雑誌。

ダ・ヴィンチ 2012年 06月号 [雑誌]/著者不明
¥490
Amazon.co.jp

こういった雑誌を読んで、本と漫画と映画の情報にどっぷりハマるわけでございます。
こうして、超インドア派にますます磨きをかけていくわたくしめ。

これで、社畜から完全に足を洗い、仕入れをオンライン主体にしたりしたら・・・。
ホントに家から出ないヒトになってしまいかねないので~。
↑ それじゃマジ引きこもり・・・。

社畜から足を洗う準備(?)も兼ね、実店舗にリサーチと仕入れに行く機会を最近は一所懸命増やすようにしているのでございますよ。

本屋・CDショップ・ブックオフなどの古本屋に、社畜帰りや休みの日に出かけていき、店舗内を見渡すと色々な気づきがありますし。
「うさぎさん護身術」や「異次元せどり」を読んだことではっきりと見えてくるものが。
教材はこうやって使い倒すんやでぇ~。

「異次元せどり」のネタバレはせぇへんから、試し読み申し込んでね~。

 - せどりと日常のつぶやき