付録つき 雑誌のせどり リサーチ法?

      2016/12/18

毎日毎日、暑いですね。
(@_@;)

我が家にはエアコンがないので、夫とわたくしめは毎朝暑さで目が覚める毎日です。
夏のあいだだけ、エアコンレンタルできないかしらん・・・。

ところで、話は変わりますが・・・。

わたくしめも含め、女性は限定とかオマケとかに弱いものです。

というわけで、わたくしめも付録付きの雑誌なんぞは本体よりも付録欲しさに買ってしまったりもします。

以前は公正取引委員会の取り決めにより、雑誌につけられる付録にかけられるコストの上限がかなり低めに設定されていました。
そのため、付録についているものといえば紙ベースのメモ帳とかカレンダーとか手帳とかが多かったと思います。

しかし、その制限が撤廃され、付録はどんどん豪華になる一方。
人気ブランドものの小型ポーチとか、今や雑誌の方が付録じゃないのかしらん、と思うほど。

ちょっと前までは付録のつく月刊誌は女性誌の方が多かったのに、最近は男性誌にも付録ついていますね。
こちらもブランド物の小物入れとか、万年筆(!)までついていたり。

新品雑誌せどりをやっている方にとっては「どういう付録が人気出てプレ値化するか?」というのはとっても気になるところでしょうね。
リサーチ法、コレが決定版!というのは思いつきませんが、オーソドックスに自分が興味もつか、あるいは友人知人・家族がその付録に魅力を感じるか、という意見を聞くのが一番確実かもしれませんね。

女性誌の付録の化粧ポーチにしても、同時期に同じブランドの付録が重なったりしますが、よ~く見ると使い勝手の善し悪しがあったりします。
男性からすると、「どっちも似たり寄ったりやん」と思うかもしれませんが、これが違うのですね~。
そういうところをじっくり見極めることが大切なのではないかな~、と思います。


 如何にしてニーズを見極めるか、が重要ですぞ~~~。

 - せどりと日常のつぶやき