企業なぞ アテにしてたら 泣きを見る・・・。

      2016/12/18

オールマイティまいさんによる、「トレンドせどり」のWEBセミナー、10月4日午後8時より。
参加費は無料!
当日、都合が悪くても後日録画を視聴できるそうなので、登録だけはしておきませう~♪
申し込みは↓からどうぞ。
(このキャンペーンは終了しています)

如何にして トレンド、せどりに 活かすべき?

さて。

以前から記事を読んでくださっている方は薄々気がつかれていたかもしれないけれど・・・。
実は、雨婆限定記事で結構前にカミングアウトしたことだけれど、私は社畜業からは足抜けしている。

まあ・・・。
うつ病一歩手前の抑うつ状態で心療内科のドクターから就労にドクターストップがかかったので、当時在籍していた事業所(注!ヤ●ハではありませんよ、念のため)からしたら、辞めさせるのに都合のいい口実ができた、という考えだっただろう。
彼らからしたら、替りなんていくらでもいる、とも思ったことだろう。
正直、就労意識が低い・・・というか向上心のないヒト達が多い・・・事業所ではあったので、長居するつもりはさっぱりなかったのだけれど。
あのままあそこにいたら、こちらまで向上心をなくしてしまいそうな、悪影響与えられかねないような雰囲気もあったし。

企業、というのはヒトの作り上げた経済的収益システムだけれども、そこで就労する個々人の幸せを必ずしも保証していない。
高度経済成長期のように、いい大学を出ていい企業に就職すれば、終身雇用が保証されていて、企業活動にかなりの時間を捧げる生活を送っても、自分と家族の生活は、企業が丸抱えで面倒を見てくれていた時代はもう、遠い昔。

小泉政権は派遣可能な労働の制限を撤廃し、結果として安易にクビを切れる派遣労働者を大量に生み出した。
3年同じ職場に派遣された場合は正規雇用しなければならない、という規制も企業側が派遣労働者を定期的に異動させることで、事実上骨抜きにされてしまった。
多くの労働者が派遣切りにあい、新しい就労機会にもなかなか恵まれず、生活保護を受けるような状況に追い込まれている。

安倍政権も、雇用政策を転換しようとしている。
成長著しい産業に、そうでない産業から人材が移動するのを簡単にできるようにし、労働市場の活性化を図るつもり・・・らしいが。
恐らく、小泉政権下で派遣労働者に起きたのと同じように、企業(事業所側)に労働者を安易に解雇できるような口実を与える結果となるだけ、だろう。
正社員の雇用状況も、現状より悪化していくのではないだろうか。

ただでさえ、「離職票 くれない」という検索ワードが相変わらずこのへっぽこブログへの、検索ワードダントツ1位状態が続いているという事実が示すものは、ブラック企業がこの国に溢れている、ということの表れに他ならないのだろうし。
正社員として働くことがリスキーになりつつある、というイヤ~な状態だとも見て取れる。
もし、今正社員として働いていたとしても、ある日突然何らかの口実でクビを切られたら?
そうなった時に慌てないために、やらなければならないことはなんだろう?

いずれ、この国では、企業(事業所)に正社員として雇用されて働く人、がかなりの少数派になってしまうのではないか、と思う。
いや、現状、既にそうなりつつある、と思うけれど・・・。
もう、企業なんて、残念ながら、決してあてにしてはいけない存在になりつつあるのだ。

自分で自分の身を守るためには、企業などから雇用されて時間を売り、代わりに給料を得る以外の方法で、自分で自分を養っていくスキルとアビリティーを持つのが一番いいだろう。

そのためには、せっせと自分自身のアビリティー・スキルを磨くための、勉強や研鑽などの自己投資するのがいい、と思う。

というわけで・・・私もせどら~として稼ぎつつ、やりたいことに取り組むために、ネットビジネスをもう一つ新しく勉強し始めた。
何だか・・・社畜時代より、忙しい日々。
ボンビ~暇なし、とはこのことだろうか。
う~ん・・・。

新しい勉強、かなりハード(@_@;)

 - せどりと日常のつぶやき