夏休み 巣ごもり需要 どう読むか・・・?

      2016/12/18

8月も10日を過ぎましたね。
もう3分の1終わった、と思うかまだ3分の2残ってる、と思うか。
私は後者のタイプかな~。

ちなみに、小・中・高校生の頃は7月末までに夏の宿題をほぼ済ませ、8月は悠々自適の生活を送っておりました、わたくしめ。
8月31日に半べそカキカキ、親に怒られながら宿題をした記憶がありませぬ。

宿題は・・・。
悪知恵(?)を働かせ、友達と分担を決め、得意科目を先に済ませ、みんなで見せ合いうつしっ子。
元の回答者が答えを間違えると全員仲良く間違えることに~。
先生も気がついてたけど、特にな~んにも言われず、怒られず。
きっと、日頃の行いが良かったからでしょう!
おほほほほ~~~(o ̄∇ ̄o)♪

良い子のみんな、宿題は早めに済ませるとアトが超ラクだぞ~~~!!!

ついでにポチも早めにすませておこう~~!

さて・・・。
わたくしめ、といえば世間一般がお盆休みに突入したというのに、しぶしぶ社畜しております~。
交代で休みをとる職場なので、●日から●日まで休業、というのは年末年始くらいしかないのですよ。
夫も、今年は世間一般のお盆休み期間中は勤務なので、他の人々が日常生活に戻り始めた頃、こそっとお休みをとる予定です。

長引く不況による長期休暇期間中の巣ごもり需要を見込んで本・雑誌・CD・DVDを密林様に出品していらっしゃる方も多くいらっしゃることでしょう。
ただ、一般的なお盆休み・・・を一斉に取らない企業も増えているので(外資系とか~)、お盆休み期間中の売り上げが思ったように伸びなかった・・・と言って落ち込むことはない、と思いますよ~。
ずらしてお休みを取る方のお休み期間中の友、を提供するような考え方もあり、でしょう?

まとまった休みに過去のドラマの一気見とか、読みたかった本のまとめ読みとか。
もし、自分にまとまった休みがあって、経済的な事情で遠出しない、家にほとんどいる・・・と仮定した場合、どう過ごすか・・・と考えてみる。

これは「ニーズを読む」ことでもあります。もちろん、これだけではありませんが・・・。

想像力をフルに活用すること。

本気で鍛えたい人は、ゼヒ「異次元せどり」を入手しませう~!

 - せどりと日常のつぶやき