常識に 囚われないで 柔軟に

   

音楽の都、ウィーン。

そのウィーンに、「猫カフェ」が開店したという記事を今朝の新聞で読みました。

何でも、彼の地に住んで20年以上になる日本人女性が「子育ても一段落したし、ウィーンにない日本文化を紹介したい」と開店を思いついたんだとか。

前例のない「猫カフェ」は市当局に難色を示されるも、粘り強く交渉を続け4年越しで開店にこぎつけたそうです。

行ってみたいと思いつつもなかなか行く機会が持てないウィーン。
カフェ文化はこの街の名物文化なのです。
「うたかたの恋」で有名なかのルドルフ皇太子も、せっせとカフェ通いをし平民と政治についてアツく語らっていたんだとか。
(それも夫婦不仲の原因の一つだったのです、ルドルフ皇太子・・・)

そのカフェ文化に、これまでになかったタイプのカフェを開店させたこの日本人女性のパワフルさ!
「ウィーンのカフェ文化」という常識に囚われることなく、障害を乗り越え、新しいビジネスを切り開いたのです。
こういうニュースに接すると、こちらも元気をいただけますね♪
ウィーンの愛猫家の気持ちもガッツリつかんでいるようで、これからの発展をお祈りしてます~。

さて・・・猫と言えば、我が家の猫。
駄目リカンショートヘアーの母娘です。

夫が元々は「犬飼い」だったからなのか、母猫はなんだかヘンテコな猫になってしまいました。
名前を呼ぶとすっ飛んできます。
冗談で「お座り!」と言ったら本当にお座りするようになりました・・・。
「次はお手を仕込むか~~」なんて夫は言っていますが・・・。
ミョ~に犬っぽい・・・。

子供の頃に飼っていた猫は、名前を呼んでも大体知らん顔。
自分が甘えたい時だけそばに来る、という猫でした。
時々預かる後輩の飼い猫もそうなので、猫ってそういうもんやろうと思っていたのですが・・・。

まあ、猫にもいろいろいるんやろうけどさぁ・・・。
それにしても、ヘン・・・。

猫語の教科書 (ちくま文庫)/ポール ギャリコ
¥609
↑この本で勉強してみよう~~~。


人気ブログランキングへ
「お座りしたらアカンのかい!!!」

 - せどりと日常のつぶやき