懐かしの 小学館ピル さようなら・・・。

      2016/12/18

相変わらず、毎日毎日、暑い。
流石に、夜風は涼しくなってきたけれど。

さて。
私は学生時代、小学館にバイトで出入りしていた。
その小学館ビルが、建物の老朽化を理由に取り壊しになる。
建築からももう40年以上経過しており、一昨年の東日本大震災で耐震強度が問題になったのが理由らしい。
跡地には新社屋が建てられる。

取り壊しが決まり、編集部やその他の部署は既に他のビルに移転している小学館ビル。
小学館にゆかりのある漫画家達が集まり、「取り壊しになるし」と、壁に落書きをいっぱいしている。
浦沢直樹・島本和彦・藤子不二雄・・・その他もろもろ。
中でも見たいな・・・と思ったのは、浦沢直樹・島本和彦が描いた、サイボーグ009の落書き。
正面玄関からガラス越しに見える壁に書いているので、建物の外からでも見れるけれど、それも今日まで。
もしかしたら明日くらいまでは見れるかもしれないが、その後は取り壊しのためのシートに覆われて見えなくなる。

本当は今日、見に行こうかと思っていたが、今日は終戦記念日なのでヤメた。
何となく、靖国通り近辺には近寄りがたい・・・。

懐かしの小学館ビルは、自分の心の中に納めておこう・・・と思い、家でリサーチやらその他作業に励みつつ・・・。
ふと、小学館ビルが取り壊しになることで受ける影響(?)に思い至る。

実は、御茶ノ水・神保町界隈に車で行くときには、小学館ビルの駐車場に停めていた。
神保町界隈のコインパーキングなどの駐車料金の相場に比べると安い料金で駐車できたからだ。
それがなくなる。
新社屋完成後は、駐車場を貸してくれたとしても以前の料金そのまま、というワケにはいかないだろうし。

う~ん・・・。
都区内は公共交通機関の方が駐車場所を探さなくてもいいし、移動もラクやけれど・・・。
他に駐車場所を探すか、素直に公共交通機関で行って、ガシガシと買い倒す本やら何やらは、いっそ着払いの宅急便で自宅におくるか・・・。
いや、利用時間によっては時間貸駐車場借りた方が安上がりかもしれない。

秋葉原でも相場より安い時間貸駐車場見つけて使っているけれど、そういえばあのビルも結構古めかしいビルやったような。
いずれは、小学館ビルのように取り壊し・建て替えになるかもしれない。

それにしても・・・。
御茶ノ水・神保町界隈に行くたび、大地震に襲われたらこの街、どうなってしまうのだろう・・・と、ふと不安になる。
万が一の際の避難訓練とかしてるんかなぁ・・・。

都区内、車で行くな・・・ってことかしら・・・。


 - せどりと日常のつぶやき