文庫本 プレ値で売れる その理由・・・。

      2016/12/18

先日、サッカーにうつつを抜かしていたら、自己発送が4つも1度に売れた、という記事を書きましたが・・・。

今日は「踊る大捜査線」の映画をテレビで見ていたら(やっぱりうつつを抜かしていた?)、結構高値で出していた文庫本をお客様にお求めいただいておりました~。

慌てて丁寧に梱包し、お客様には「明日発送します」とメールするわたくしめ。
さすがのクロネコ基地ももう閉まってるしね~。

やっぱり、せどりの神様はいてはるに違いない・・・。
う~~~む・・・。
怠けるな、ってことなのかしらん。

ところで・・・。
文庫本専門にやってらっしゃるプロの古本屋さんもあるくらい、文庫本は古本の世界ではとってもディープ。
本自体が絶版になっているだけでなく、文庫本のシリーズさえなくなっているものも結構ありますね。
サンリオSF文庫とか旺文社文庫とか現代教養文庫ソノラマ文庫とか。

単価が安く、移動の乗り物などで手軽に読むことができるものだけれど、単行本などと違い、長期保存する機会はおそらく少ないであろう、文庫本。
とある作家さんなどは、キャンプの時の煮炊きに文庫本を燃料がわりに使うこともある、と書いていたし~。
(ヲイヲイ・・・)
結果として、そこそこ発行部数があったとしても、長期に亘って残る部数が少なくなっていくのでしょうね。
そういう書籍が絶版になり、他の出版社からも再販されず・・・しかし、読みたいと思う誰かがいればニーズがあがり、プレ値化していく。
先に紹介したシリーズでも何でもかんでもプレ値化しているわけではありませんよ、もちろん~。
そのあたりはリサーチが必要不可欠なんやねぇ・・・。
やっぱり、ディープな世界~。

古書の世界自体がディープやけどね~。

 - せどりと日常のつぶやき