星占い 実は目茶苦茶 奥深い・・・。

      2016/12/18

毎日毎日、寒いですねヽ(`Д´)ノ

寒いのが苦手なわたくしめには、とおっても辛い日々が続いています~。
朝は寒さで目が覚めるしさぁ・・・。

さて。

占い、はいろいろ種類がありますね。
西洋占星術、タロット、手相・・・。
欧米では、政治家や富豪が重大な決断をする際に、西洋占星術・タロットなどの占い師にアドバイスを求めることも。
日本ではテレビの「今日は何座の運勢がいい」とか女子向け雑誌の「今月の星占い」コーナーなどのイメージが強うございますが・・・。
ホンマもんの西洋占星術は生年月日・正確な出生時間を使って計算する、とっても緻密なものなのでございますよ。
当然、結果はひとりひとり違うもの。
(インド式占星術はもっと複雑な計算だそうな)
テレビや雑誌の占いコーナーは、そういう意味では大雑把なものなのですね。

西洋占星術関係で人気がある方、と言えば星占いサイト「筋トレ」の主催者である石井ゆかりさん。

星読み+/幻冬舎コミックス
¥1,365
Amazon.co.jp

12星座/WAVE出版
¥1,680
Amazon.co.jp

他に、西洋占星術だけにかぎらずもっと広いフィールドで活躍している鏡リュウジさん。

ホロスコープが自分で読める 鏡リュウジ 星のワークブック/講談社
¥1,890
Amazon.co.jp

タロット バイブル 78枚の真の意味/朝日新聞出版
¥1,680
Amazon.co.jp

フランス革命で断頭台に散った、悲劇の王妃、マリー・アントワネットのホロスコープを占い雑誌の記事で見たことがあります。
ホロスコープをリーディングした占い師によれば、後年の悲劇的な人生を暗示する星の配置が見られるそうな。

しかも、彼女が生まれた日はヨーロッパで大地震が起き、大勢の人が犠牲になった日、でもあったそうです。
のちのちのフランス革命を予感させるような、不吉な日の誕生だったのですね・・・。

運命・・・ってあるのかしらん、やっぱり。
思ってしまいました~。

まあ。元気になる占いならいいですよね~。

天秤座は寒さに弱い、とは特に書いてないんですけどね~、石井ゆかりさんの本。

 - せどりと日常のつぶやき