楽しいね 大人の科学の 付録たち

      2016/12/18

子供の頃から、科学好きだったわたくしめ。

子供の頃の愛読誌は学研の「科学」でございました。
「学習」も親が買ってくれていたのですが、もっぱら「科学」に執着していたわたくしめ。
だって、付録で遊ぶ(ヲイ!ベンキョ~ちゃうんかい!というツッコミは禁止やで、禁止!!)のが好きやったしぃ~。
この頃の蓄積が効いたのか、小・中・高と理科は超得意科目でございました。

というわけで、学研から出ている「大人の科学」はわたくしめの好みにどストライクな雑誌なのでございますね。
小型のテルミンとかエレキギターとか電子ブロックとかプラネタリウムとか・・・。
どんだけわたくしめの心をくすぐるのでありましょうか。

今回は、これを自力で組み立ててみました。

大人の科学マガジンVol.33(卓上ロボット掃除機) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)/著者不明
¥2,940
Amazon.co.jp

ロボット掃除機のルンバの仕組みと生みの親である会社の詳しい記事が出ていてものすごく面白かったですよ~。

で、肝腎の付録ですが・・・。
卓上で使う、単3乾電池2本で動く、チビッコルンバです。
直径12センチほど。

雑誌に出ていた組立説明書を見ながら、せっせと組立て。
無事に組立を完了し、いよいよ、試運転開始!

テーブルの上を自走し、端までくるとちゃんとセンサーが反応し、クルッと方向転換。
決してテーブルから落下することなく、器用に掃除しておりました~。
テーブルの上の猫毛をせっせと吸いまくってくれました。うん、なかなか優秀~。

しかし!ひとつ欠点(?)が。

チビッコのくせして、音デカい!!!

走らせるたびに、我が家の駄目リカンショートヘアー2匹がビビリまくっておりまする。
キャツらからしたら、単に何や丸いケッタイなもん。
大きな音たてて勝手に走り回るのって恐怖なんでしょうね~。

付録あっての「大人の科学」。付録なし出品してて売れるんかいな・・・?!
 
 

 - せどりと日常のつぶやき