楽天と 密林の戦い どっち勝つ・・・?

      2016/12/18

先日、週刊東洋経済で密林様の特集が組まれた、と思っていたら・・・。

週刊 東洋経済 2012年 12/1号 [雑誌]/著者不明
¥690
Amazon.co.jp

今週、別の経済誌でまた特集が組まれてますね。
週刊ダイヤモンドの最新号。
「楽天vsアマゾン 日本で勝つのはどちらだ!!」

書籍をサランラップで梱包して送ってきたり、あす楽便のはずが明後日きたり、電子書籍でコケてたり・・・という時点で、勝負は見えた気がするのですが、わたくしめには・・・。
どうなんやろ。

プロサッカーチームやプロ野球チームに対しても、お金じゃなくて口出しし過ぎでしょう、あれじゃ。
プロサッカーチームの本拠地でサポーターから罵声を浴びせられたあのオーナーは、一体どんな気持ちを抱いたのでしょうか。
「おまえのせいじゃぁ、ボケェ!」と言われ・・・。
プロスポーツ、エンターテインメントビジネスではあるけれど、あのオーナーがこれまで展開してきたビジネスとは違って、描いた青写真通りにいかない、思い通りにならないことだらけのはず。
それを無理やり自分の考えを押し通していたら、ファンやサポーターの気持ちが離れるばかりか、選手やスタッフの信頼を失う原因までを自ら作り出しかねないのに。
あのオーナー、わたくしめには裸の王様状態にしか見えないのですが、最近。
言いすぎかしらん・・・。

一方の密林様は東北で予定していた物流センターが震災で頓挫してしまった替りとは言え、震災以後にカスタマーセンターという新しい雇用を生み出した・・・。

両企業のリーダーの人としての器の大きさの差を感じてしまうのはわたくしめ、だけでしょうか。

密林様、どんどん規模を拡大し、サービス内容を充実させ・・・。
これから、いったいどこへ向かうのでしょう・・・。

Kindle fire HD欲しいよぉ~。どんだけ密林様に占領されてんねん、ウチ・・・。

 - せどりと日常のつぶやき