見逃すな パルムドールの その行方・・・。

      2016/12/18

今、NHKのBSで「神秘の北極圏Ⅱ」という番組を観ているのでございます。
先週は「神秘の北極圏Ⅰ」が放映されました。先週はカナダ、今週はノルウェーが舞台。
俳優の大沢たかおさんが北極圏を旅するドキュメンタリー番組なのですが・・・「旅」というよりは「探検」、という言葉の方がふさわしいですな・・・。

マイナス38度の、どこまでも白い世界。
目の表面・まつげさえも凍りつき、大沢さんを撮影しているカメラマンの手が厚手の手袋をしていてもこわばってしまう、極寒の地。
その極限の寒空の下、大沢さんが実際に目にしたオーロラ大爆発の、壮絶なまでの美しさ。

いや~、ダイオウイカもすごかったけど~。
こういうドキュメンタリーって国営放送の独壇場ですね。民放だったら・・・TBSが追随してるかな・・・?

わたくしめ、一度はナマでオーロラを見てみたい・・・と思っていましたが、この番組を見て素直~に諦めることにしました。
なぜなら・・・。
マイナス38度の世界、あまりに空気が冷たすぎるのです。
凍てつく大気で健康なヒトでも咳き込んでしまうのでございますよ~。
わたくしめのような喘息持ちがそんなところに行ったら、あっという間に発作を起こしてしまい、ドクターヘリに救助されるハメになるか・・・最悪、発作重積であの世行きになるかもしれませぬ。
なので・・・このドキュメンタリー見て行ったつもりになることにしました・・・。
北極圏のマイナス38度より、真夏の香港38度の方がよっぽどわたくしめにはラク♪なのでございますよ。
寒いの苦手やし・・・。

大沢たかおさんと言えば・・・もうすぐこんなとっても面白そうな主演映画が公開されますね。
  ↓
藁の楯公式サイト  

三池崇史監督作品でカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に公式選出されてます。
今回、日本映画では是枝裕和監督の「そして父になる」とこの「藁の楯」の2作品が公式選出されました~。
過去に日本人監督でカンヌ国際映画祭のパルムドールを獲得したのは衣笠貞之助・黒澤明・今村昌平(2回受賞!)の3氏のみ。
世界中の映画の中から、コンペティション部門に公式選出されるのはたったの20本程度。
今村昌平監督の「うなぎ」以来の、日本映画パルムドール受賞なるか?!期待が高まるわたくしめ・・・。

映画の公開に合わせ、インタビューなどで雑誌などのメディアへの露出も当然、増えるワケですが・・・。

BARFOUT! 211 大沢たかお (Brown’s books)/著者不明
¥788
Amazon.co.jp

東野圭吾氏原作の「プラチナデータ」映画公開時には、主演の二宮和也クンが表紙になった雑誌が新刊書店に溢れかえったのは記憶に新しいところ。
あまりに数が多いと食傷気味にもなりかねず・・・。
逆に、露出抑え気味の方が、雑誌などは過去に出版されたものも含め、プレ化する可能性は高いでしょうね~。
「藁の楯」と「そして父になる」の主演俳優、どちらも元々人気のある人たち。
どう動くか気になりますね・・・。

藁の楯、面白そうですぞ~。

 - せどりと日常のつぶやき