クラシック 無理にせどるな やけどする

   

どなたが書いておられたのか、すっかり忘れてしまいましたが、クラシックのCDについては・・・。

表示されている、密林ランキングを10倍して考えるとちょうどよい、そうです。
たとえば、1万位くらいだとしたら、J-POPなどのCDの、10万位くらいのものの売れ方と似通っている、ということでしょうね。
それを読んで、なるほどなあ~~、と妙に納得してしまいました。

わたくしめは、子供のころからクラシックに慣れ親しんでおり、日頃お付き合いのある方も音大卒がウヨウヨといたりするので、日常的に身近にあるもの、なのですが・・・。

世間一般のクラシック音楽に対するイメージ、というのはなんだか高尚というかお高くとまってるというか、そんなイメージが付きまとうのではないでしょうか。
わが夫など、わたくしめがクラシックを聴いてたり、N響アワーなどを見たりすると、即座に横で盛大にいびきをかき始めます。
退屈なのか、いい気持ちになるのかはよくわかりませんが・・・いびき、うるさい~~~!

話がそれてしまった。
夫のクラシックに対する反応は、世間一般の大多数のそれ、では・・・?
となると、CDショップに行って「さあ、クラシックの新譜買いましょ」と思う人はごく少数派、となってしまうでしょう。

商材が何であれ、仕入れをする際には、「この商品を購入してくださるお客様はどんな方だろうか?」と、想像することはとても重要だと思います。

仮に、ブックオフで手にした中古クラシックCDが密林ランキング5万位くらいのもので、最安値が1万円近い、とします。
そこで、ほいっと仕入れをする前に、「どんな人が購入するか」想像がつかないの場合。
せどり歴が浅かったり、クラシックにあまり詳しくなかったりするのであれば、仕入れを見合わせたほうがよい、とわたくしめは思います。

もちろん、利益率が低いがすぐ現金化できる回転率のよいランキングの高い本・CDで売り上げの基礎部分を作り、ランキングの高くないマニア向けのもので高い利益を狙う、月商100万円レベルのせどら~の方が仕入れてもよい、と思います。

しかし、せどり歴が浅い方は、やめておいたほうが無難だと思います。

最初に書いたとおり、J-POPなどに比べて、クラシックは、はるかに回転率が悪いのです。
長期滞留在庫にまちがいなくなります。
同じ仕入資金使うなら、回転のよい、ランキングの高いものを仕入れて、売上をガンガンあげたほうがいいでしょう。
人気ブログランキングへ
ポチよろしくお願いします♪

 - せどりノウハウ