コメントは 状態細かに 伝えるべし

      2013/12/30

昨日、お医者さんに出していただいた薬が効いたのか、だいぶ体調良くなってきました。
とりあえず、ほっとしておりまする~。

今日は近所のブックオフが単行本半額セールをやっているので、ホントは朝から参戦したかったのですが・・・。
そしたら、噂の某塾塾生見れたかもしれないし。(まだ一度も実物にお目にかかったことがないのです~!)

しかし!先日、ブックオフ 再度マナーを 考えるの記事で書いたように、昨年秋に赴任したと思われる我が家の近所のブックオフ男性店長
彼は絶対、せどら~に対して優しく(?)ない!
セールで櫛の歯状態になった棚をしばらく放置プレイしてくださるので、夕方、店員さんが棚に補充始めたころを見計らって行ってみよう、と思います。

さて・・・。

体調の悪い中、昨日自己発送した商品の一つは、わたくしめの得意?とする、クラシックのCDでございました。

元々販売されていた時の、定価の2倍の値段つけた、廃盤CDです。

「こないな値段やと、なかなか買っていただけへんやろうな~」と思っていたのですが、何とか、お求め下さるお客様に出会えました。

商品ページを見ると・・・わたくしめの出品より、安く出品していた方も何人かいらっしゃいました。
逆に、廃盤だから・・・ということで、あほか!!!とツッコミ入れたくなるような値段の方もいらっしゃいましたが・・・。
プレミア価格にも限度があるのでは?とわたくしめは思います。

なぜ、安く出品していた方よりわたくしめの出品が選ばれたのか。
恐らく、それはコメントの書き方がポイントになったのでは、と思います。

他の方のコメントを読むと、「中古だからスレあります」「盤面はきれいです」「中古なので細かいキズ・汚れ等はご容赦ください」というような、文言が並んでいます。たった一言「帯なし」とか。一番のプレミア価格をつけていた方にいたっては「併売なので売り切れ時はキャンセルします」としか書かれていません。

わたくしめは、CD・解説カード・ケースの状態・配送方法・再生動作に問題がないことを、簡潔・詳細に記入しておきました。

人それぞれの考え方があるとは思いますので、「安いほうがええわぁ~」と思うお客さまももちろんいらっしゃることでしょう。

しかし、クラシックの購入層の場合、「安けりゃいい」という考えの方は、皆無、と言っても過言ではありませぬ。

同じ指揮者・同じオーケストラ・同じ演奏曲目のCDであっても、○○年の録音はいいが、××年の録音はそれに劣る、とか。
同じ○○年のCDであっても、再発盤よりオリジナル盤のほうが音がいいとか。

音質にこだわりのある方がほとんどなのです!!

そういう購買層に向けて販売する商品に、肝心の再生状態を何も書かない商品コメント、というのはいかがなものでしょう?
あくまでも、わたくしめの考えですが、お客様からスル~されるのがオチ、ではないかと思います。

ヤフオクと違い、密林マケプレは自分が出品する商品そのものの写真を載せられないのですから、お客様がイメージしやすいよう、商品状態を簡潔・詳細にコメント欄に記入することは非常に重要だと思います。

自分がお客様の立場だったら、どういう商品コメントを求めるか?どういう梱包・配送方法を希望するか?
常に、忘れないよう心がけています。

人気ブログランキングへ
今日もコタツムリ。猫とスペース確保の仁義なき戦いの真っ最中です~!応援ポチお願いします~!

 - せどりノウハウ