久々の 単C大化け 我狂喜♪

      2016/04/11

せどりは副業の中でも参入障壁が低いので、多勢新規参入者がいらっしゃいますね。

ブックオフ(などの新古書店)で安く仕入れ、密林マケプレで高く売る、というスタイルは確かにSEO対策やキーワード選定などに気を使い倒すブログアフィリエイトや、評価のついていない状態だとなかなか入札もしてもらえないヤフオクなどのオークションに比べると、参入しやすいんだろうなあ・・・と思います。
ただし、以前に比べると参入者も増え、簡単に成果を出しづらい状況であるのは間違いないでしょう。

参入者が増えたので、ブックオフでオイシイ仕入れができる機会も、以前に比べるとやっぱり減りました。
わたくしめは、薄利多売の回転系は女子のせどら~稼業スタイルとしては過酷だ・・・と思うので、あまり・・・というか、ほとんどやりません。
単Cで仕入れるのは密林マケプレの最安値が1000円超えしている、あるいはランキングが高くすぐ現金化できると予想できるもので最安値500円以上のものに限るようにしています。
ただし、やたらと出品者が多いものは、自分が読んでみたい場合を除いて仕入れません。
(自分が読んでから私物処理という形で密林マケプレに出品しているのです。)
値下げ合戦参戦するのもアホらしいし、ライバル?が多ければ多いほど、ランキング高くても売れるのに時間がかかります。

300円程度で売れるものを入れてそれをたくさんこなすのもいいけれど、検品→クリーニング→出品→販売時の出荷、と作業量が増えるのは、兼業せどら~にはツライですしね。ある意味横着・本人曰く効率化、のつもり・・・。 

本での売り上げがこのようにロングテール傾向にあるので、その分をCD・DVD・ゲームで補うわけでございます。
そのうち、横ちゃんに弟子入りしてフィギュアもやろうかしらん。
私物化する危険性、大だけど・・・。

さて、先日「あら~、珍しい本あるやん~~」と思い仕入れてきた本。
単Cでしたが、ISBNのない密林マケプレで言うところの古書で、ブックオフでも古い本なので即単C行き、になったようです。
しかし!ランキングが低いけれど、最安値が5000円を超える本だったのでございます。

わたくしめが「ムフフ・・・」とほくそ笑みながらカゴに突っ込んだのは言うまでもございません。
その本を、今日お客様にお求めいただけました。

ちなみに、価格はいくらで出していたかと言うと・・・10000円、です。
(いつもこうだとラクでいいのにね~~)
古書とは言え、状態も頗る良かったので、単純に定価の10倍に自分の売値を設定したのです。
ライバルの方は・・・5000円で出品していました。

なぜ、倍の価格のモノが先にお客様に選ばれたのか?
わたくしめが思うに・・・

1、本の状態
ライバルの方は「可」でした。
わたくしめは「非常に良い」でもいいくらいの古書を「良い」で出品したので、少しでも状態の良いものがほしい、というお客様のお気持ちが働いたのでしょう。

2、商品コメント
ライバルの方のコメントを読ませていただきましたが、「このコメントやと・・・お客様、却って不安になるんちゃう?」と思いました。商品コメントは状態を簡潔に詳細に記入しなければなりませんが、書いたがために却ってお客様が不安に感じるような文言も時折見受けられます。
「自分が購入する立場だったらこのコメントどう思うか?」という、自分自身に対する冷徹・客観的な目線を持っていれば、お客様を不安にさせるコメント文言は書けないのでは・・・。

他にもお選び頂けた理由はあると思いますが、忘れてはならないのはせどりはあくまでも、ネットビジネスだということ。
密林マケプレで販売するのであれば、密林様の看板借りての商売なのだから、密林様の顔に泥を塗るような出品態度をとらない・・・などは当然ですよね。

その他にも、安く仕入れて高く売るためにはどうしたらいいか?
どういうジャンルのものが人気で、高く売れるのか?
数ある出品物の中から、自分の出品物を選んで頂くにはどうしたらよいか?
自分の頭で考え、実践しなければならないことは山ほどあるのです。

決して・・・ラクな副業ではないのですよ~。


人気ブログランキングへ
最安値にしとけば売れる、というものでもないんやでぇ・・・。

 - せどりノウハウ