数多ある せどりノウハウ 選び方・・・。

      2016/12/18

今日も寒い。
雨が降っている分、昨日より寒く感じる。

寒いのがキライな私は、床暖房を入れ、どてらを着込んでPC作業中。
床があったかくなって相当嬉しいのか、我が家の駄目リカンショートヘアー。
喉をゴロゴロ鳴らしながら、床の上をゴロゴロ・・・。
ああ・・・また、キャツの毛が抜けていく・・・。

さて。

私は元々、身体の丈夫なタチではない。
だから、せどりを始めるにあたり・・・。
まず、最初に考えたこと。
それは、如何にして身体にムリをかけず、仕入れをするか、だった。

1日にブックオフを何店舗も回って仕入れ、薄利多売で売りまくる・・・。
せどり界を震撼させ、ブックオフのせどら~への態度を硬化させるトリガーになった・・・。
某高額せどり塾塾長のスタイルは最初から頭になかった。

そんな時に出会ったのが、eBsyの純こと河野純之助さんの、「オンラインせどり」。
このやり方なら、仕入れが自宅でできる・・・!と飛びついた、体力なしの私。
早速取り組み、その方式で仕入れたモノを初めてFBA納品し、反映されたその日。
いきなり全部旅立ってしまい、日商、約2万円。びっくり。

仮に、古本で同じ日商をあげようとすると、販売単価千円と仮定しても・・・。
1日に20冊は売る必要がある。
ということは・・・1日の仕入れもそれ以上の冊数が必要、ということ。
社畜兼業で時間のないヒトには、ツラい作業になるだろう。

今現在、社畜兼業でせどりをやっているヒトは・・・。

どうやって副業に取り組む時間を捻出するか、というのも大きな問題になる、と思う。

数あるせどりの手法から、自分の生活スタイルに合ったものはどれか?。
どの方法なら、自分や家族の生活に負担をかけず、続けられるか?

敵を知り、己を知らば、百戦危うからずや。
自分自身の興味・嗜好・生活スタイル・・・。
じっくり見極めて取り組むようにしたほうがいい、と思う。

安易に、「これ、かせげそ~」と、飛びついたりする前に、一度深呼吸。
判断は冷静に下すべし。

身体にムリをかけ、体調崩したりしたら・・・。
せっかく売上をあげても、病気治療でそれ以上にお金がかかるようなことになったら・・・。
ネットビジネス、何のためにやったんだ・・・という元も子もないことになりかねない。
身体は、ビジネス上の重要な資本でもある。

それにしても・・・寒い~~(@_@;)

 - せどりノウハウ