不機嫌は 嫌悪コントロールの 別名や・・・。

      2016/12/18

わたくしめ、旅するアフィリエイターこと川島和正氏のメルマガを読んでいるのですが・・・。
本日のメルマガタイトルは、「不機嫌な人と付き合うな」というものでした。

どういうことが書かれていたか、というと・・・ネタバレになるのでさらっと書きますが・・・。
要は、不機嫌なことを周囲にアピールし、周りの人間を自分の思い通りにしようとする人とは距離をおけ、ということでございますね。

この、不機嫌なことを周囲にアピールして周囲の人間を自分の思い通りに動かそうとする行為は「嫌悪コントロール」と呼ばれるものです。
不機嫌さをアピールして、自分に優しくしろ!親切にしろ!大事にしろ!と周囲の人間に心理的圧力をかけ、相手を自分の思い通りにしよう、というわけですね~。
赤ちゃんがお腹すいたり、オムツが汚れたりすると大声で泣いておかんや周りの大人に自分の不快感を訴え、不快感を解消しようとしますよね?
あれと一緒です。
まあ・・・言葉がキツくなりますが・・・幼稚な行動、とも言えますね・・・。

例えば、ハタチそこそこの女の子が彼氏に対してこういう行動とってたとして・・・まだ可愛げがあるかな、と思えますが・・・。
(連発すると彼氏にウザがられて関係終わり、になるかもしれんけどね~)

エエ年ぶっこいた社会人が、家族や恋愛のパートナーといるときなど、パーソナルな時間・空間でこういうことをたまにやるのはありかも、しれないけれど、職場などの社会的な公共の場でこの嫌悪コントロール連発してるのは・・・もう、みっともない!という言葉しか湧いてこないのです、わたくしめから見ると。
皆様の勤務先などにもいませんか、嫌悪コントロール連発してる困った人・・・。
というわけで、上記で紹介した川島氏はそういう人間とは距離を置け、と書いているわけですが、まったくもって仰るとおり。
●ちゃんねるじゃないけど、禿同(ハゲドウ・激しく同意の意味)です。

さて、それと今日のブログテーマの「クレーム対応」がどう関係するか、と言うと・・・。

密林マケプレでのクレーム対応、メールなどのやり取りがほとんどだと思います。
このクレームを付ける際に、ものすごく感情的なメールを書いてくるお客様もいらっしゃいますよね?
怒りに任せて、感情をぶつけてくるわけですが、嫌悪コントロールが働き、出品者を自分の思い通りに対応させたいとわざわざ激しく書いているかもしれません。
でも、ここで慌てて相手に合わせて対応してはなりませぬ。
相手に合わせてしまうと、相手のペースに乗ってしまうことになります。
相手からのメールにすぐレスポンスせず、少し時間を置いて気を落ち着けて対応すること。
極力、冷静に、事務的に対応することが重要なのでございます~。

クレーム対応は、お客様に主導権を渡してはなりませぬぞ、決して。

彼女や奥様に嫌悪コントロール使われてオロオロしてる世の男性諸氏よ、ご苦労さま・・・。

 - クレーム対応