コンサルは 改善策を 示すべし。

   

以前、このへっぽこアホアホサイトの診断をお願いしたことがある。
無料診断を、軽い気持ちで。
いろいろとご意見をいただいた、そのうちのヒトツは、
自分でも気になっていたところ。
ただ、その意見してくださった方の意見で気になったのは、
改善ポイントを指摘してくださっても、
具体的にどう作業するか、という改善策は伝えてくださらなかったこと。
無料とは言え、コンサルと言うなら、1点だけでも、
具体的な改善策を示して、これ以上は、よろしければ、
有料でお伝えします、というようにした方がよかったんじゃなかろうか。
ヒトにモノを教える、というのは、具体的に何をどうするか、
ということを伝えること。
見ただけを伝えるなら、それは、単に感想とか批評に終わってしまう。
あくまでも、私個人の考えやけれど。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

例えば・・・。

私は、左利き。
箸・鉛筆・針を持つのは、親がうるさかったので、
右手でやるけれど、いずれの作業も両手でできる。

中学の家庭科の時間で、棒針編みを習ったとき、
出来上がりの網目が、ひっくり返ってしまった。
課題だったので、それを提出したら、
家庭科の先生に「目がひっくり返ってしまっている」と、
指摘され、あまりヨロシクない成績つけられ、それで終わり。

ただ、状態を見て、「こうだ」というなら、
それは、単なる感想・批評。

網目がひっくり返らないように棒針を使い、
編み物をするためにどうしたらいいか、を教えるのが、
本来、教育の役目やと思う。
多分、左利きの子に、どう教えたらいいか、
その先生、わからなかったのやと思うけれど。

無料コンサルをしてくださった方も、指摘は的を得ていても、
「これはこうして直せます」という具体的な改善策はくださらず。

それでは、残念ながら、単なる感想・批評でしかない。

WordPressの改善ポイントを指摘したのなら、
「このPHPファイルの何行目あたりに、こういうCSSがあります」
「そのCSSを、このように書き換えてください」
「それで、表示のされ方が変わります」
と、具体的な改善策、ヒトツは示して欲しかったな・・・。
良いヒトそうやったし、何だか残念・・・。


人気ブログランキングへ

これから、せどりやブログ・メルマガアフィリエイトで、
誰かにコンサルをお願いしようと思うヒト。
もし可能であれば、まず、無料でお試しコンサルしてもらおう。
それが不可能なら、コンサルをお願いしようと思っているヒトの、
ブログやメルマガなどで、じっくりそのヒトの人となりを見てみよう。
お互いの相性もあるし。

逆に、無料コンサルをお試し募集するなら・・・。
出し惜しみせず、ヒトツだけでも、
具体的な改善策、コンサル相手に示した方がいいと思うぞ~~~。


自分の消耗品を買おうとしたら、珍しく、R天が密林様より安かった・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき