ドクターに 疑問持ったら すべきこと

      2015/08/26

台風が近づいている影響なのか・・・。
気圧の変化に影響されてなのか。
ほとんど骨折の痛みが引いていた左足が、しくしくと痛い。
激痛じゃなく、鈍くじんわ~~~りと痛むような感じ。
骨折したり、手術したり・・・何らかの身体的なキズを受けたことのあるひとなら、
ああ、その痛み、わかるわ~~~と思われるのでは。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

剥離骨折をググリ倒した時、経験者のブログ記事、いくつも読んで・・・。
雨や雪の日、治ったあともしくしくと痛い、と書いているヒトが何人も。
気圧計かよ、なんて自虐書いてたヒトもいたけれど。

そんなしくしく痛み、怪我が治ったあとも、しばらく続く。
ヒトによって、痛みの期間、まちまちやったけれど・・・。

若いヒトの方が、しくしく痛みからの卒業、早いような印象。
骨折自体も、若いヒトの方が治り早いし。

ただ、ググリ倒していいて、気になったことが。

剥離骨折経験者で、受傷後1年以上経つのに、まだ痛みが続いているヒトが、
何人かいたこと。

それも、雨や雪の日、しくしく痛みがある、のではなく・・・。

年中、結構な痛みが続いているらしい。

レントゲンを撮っても異常が見られず、ドクターには、
「骨に異常はないから、治ってますよ。気のせいでは?」と言われるけれど、
歩くために足を地面につけただけで、痛みが走る状態が1年以上、続いていて、
困っているんです、とも書かれていた。

いや・・・・。

それはどう考えても、おかしいでしょうよ・・・。

1年も経てば骨もくっついているハズやし。

剥離骨折、受傷箇所が小さければ、レントゲンには映らないけれど・・・。

私が診てもらったドクターのように、小型のCTを持っていて、
レントゲンには映らない、ごく小さな骨折も見逃さない、という診療体制を整えていれば、
その場で剥離骨折見つけることは可能だし。

もしかしたら、1年以上痛みに悩まされているヒト、
そういう診療機器を備えていない整形外科に行っているか・・・。
或いは、接骨院にでもかかっているのか・・・。

いずれにしても、骨折以外に何か他に痛みの原因があるか、
もしくは、足をかばっているうちに、無理な力がかかって、
レントゲンには映らないような、新たな剥離骨折や疲労骨折起こしているか。

そういうヨロシクない可能性が考えられるから・・・。
別のドクターに診てもらったほうがいい、とは思う。


人気ブログランキングへ

ドクターって、当たり外れが大きい。

以前、駄目リカンショートヘアーが元気やった頃。

キャツらは、私の寝床で添い寝をするのが日課だったので、
その日もまた布団に潜り込んできた。

そのうち、キャツらに押されて、ヘンテコな姿勢になってしまい・・・。
首を寝違えてしまった。

湿布を貼っておいたけれど、だんだん、指先がしびれるようになってきた。
それも、片腕の、親指だけ。
正座して足がしびれる、あんな感じのしびれ方。

これはおかしい、と思って整形外科に行った。
そこのドクター、レントゲンも撮らず、触診もせず・・・。
「頸肩腕症候群です。湿布出しときます」と言っただけ。

でも、それからもしびれはひどくなる一方。
これはおかしい、と知人に評判の良い整形外科を教えてもらい、
そこで診てもらうと・・・。
(今、お世話になっている整形外科であ~~~る)

なんと!

頚椎ヘルニア!!!

「これ、もっとひどくなったら、手術考えないとアカンよ」とまで言われ、
真っ青になった私。

それから、牽引療法やら電気療法やらで何とか症状収まるまで、約1ヶ月。

もし、あのまま、頸肩腕症候群と誤診したドクターにかかり続けていたら・・・。
今頃はどうなっていたやろう・・・。
ホンマに、ゾッとする。

ドクターはホンマに当たり外れが大きい。

以前にも記事に書いたことがあるけれど、医者は選ばないとアカンよね・・・。

しくしく痛む足にフェルビナク軟膏塗りつつ、そんなことをつらつら考える。

治療に疑問を感じたら・・・。
遠慮せず、疑問をぶつけて。
それでも何かヘン、と思ったら、他のドクターに診てもらおう。

自分の身を守るのは、自分やで、自分~~~。


しばらくぐずついた天気みたいやから、毎日足がしくしく状態、かなぁ・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき