ビートルズ 忘れたころに ふと売れる

      2014/08/21

わたくしめは、子供の頃から音楽フリークで、音楽に関しては雑食性です。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

多分、各分野のコアなファンの方からすれば、
「何であのジャンルとこれが同居してんねん!?」とつっこみを喰らう、ことでしょう。

でも、クラシックもジャズもロックもポップスも、
いいと思ったものは何でも聞きまくってきた
わけです。

とりわけ、ロックの分野ですっぽりはまっていたのは、
ブリティッシュロックでした。

中学生・高校生の頃に聞きまくっていたのがビートルズやストーンズ、
エリック・クラプトン、レッド・ツェッペリン・・・などなどだったのです。
といっても、リアルタイムで聞いていたわけではないですよ、念のため。
(ビートルズとストーンズが並んでいると、それぞれのコアなファンから怒られそう、ですが)

それで、我が家にはわたくしめが中学生・高校生だった頃に、
買いあさったビートルズ関連の本やらCDやらが今でもごろごろしているのですが、
流石に家が手狭になってきたので、「これはもう読み返したりせぇへんな・・・」と思ったものは、
踏ん切りをつけて密林様に出品しておりまする。

これらの本、わたくしめの出品物の中ではロングテール商品、となっているのですが、
なぜか忘れたころにふと売れていくのです。

たとえば、ジョン・レノンの命日近辺で彼の関連本が売れるのはわかるのですが、
どうもそれ以外の本に関しては、売れるタイミング、というものが全く読めないのです、わたくしめ。
リサーチが甘い、足りない・・・ということだと思うのですが、
それにしてもなぜこのタイミングで、といつも思わされます。

昨日も、ビートルズの写真集と楽譜が売れました。

これは、iTunesでビートルズの楽曲がダウンロードできるようになり、
テレビでCM流しているから、その効果
なのでしょうか・・・?

スティーブ・ジョブズのアップルは、ビートルズのレーベル・アップルレコードから、
商標侵害(だっけ?)で訴えられ、長年係争していたのが近年和解に至り、
めでたくiTunesで提供できるようになりましたが、
その恩恵の末端をわたくしめのようなへっぽこせどら~も受けている、ということなのでしょうか・・・?

う~~~~ん。よくわからない~~~。
人気ブログランキングへ
生きてるうちに頭使え~と思われた方はポチお願いいたしまする。

 - せどり