ブックオフ うっすら見えた? 方向性・・・。

   

昨日、ブックオフに「CSSの参考書、ないかなぁ~」と探しに行った。
運良く、ゲット。

現在、密林マケプレでは自己発送で700円程度、FBAで1000円程度。
ランキングも悪くないので、適性価格で出品すれば割と早く旅立つだろうけど。
私物購入なので、出品はしないぞ~。

プロパーで購入したけれど、定価の半分+αという価格設定ではなかった。
何だか・・・最近はあまり見たことのない値段。
もう一冊、Google Analyticsの参考書もプロパーの棚でゲットしたけど・・・。
こちらも、最近はあまり見たことのない値段。

ブックオフは以前、増え続ける在庫を回転させてくれる存在として、せどら~を重宝していた。
「せどりさん」と呼び、セールの時など、どうかすると・・・。
店によっては店長が「ストッカー開けてもいいですよ~」と叫ぶことさえあった。
在庫を仕入れたいせどら~、在庫をさばきたいブックオフ。
お互いがWIN-WINでいられたワケ。

ところが、ブックオフの企業定義の変更・某高額せどり塾の登場が重なり、状況は一変。
顧客のターゲット層を変え、セールを減らし、せどら~を締め出し・・・。
しかし、その先に待っていたのは赤字転落。
不採算店を閉店する事態に、ブックオフは追い込まれてしまった。
この、宜しくない状況を打破するべく、どう打って出る、ブックオフ?

先日、とある本をプロパーで購入した時にも「あれ?」と思うことがあった。
昨日、私物で購入した本にも感じたこと。
値付けに関わることだけれど。

私が今感じていることが、当たっているかどうかは確信が持てないから・・・。
記事にはまだ書かないけれど。
サンプル数が少ないし・・・。
でも、少ない例から、うっすらと垣間見えてくるのは・・・。
ブックオフの今後の動向。

関東近郊の直営店でもう少し数を多くして観察してみれば、確信に変わるかもしれない。

映画を観に行ったり、買い物に行ったりしたついでに・・・。
当分の間、ブックオフの直営店の観察を続けようっと。

人気ブログランキングへ

 - せどり, ブックオフ