わあ、地震! まさにその時 ブックオフ・・・。

      2013/12/31

eBayの純さん(河野純之助さん)のせどり花道キャンペーン。
(このキャンペーンは終了しています)

せどりスパルタ合宿セミナー映像無料公開!

6月30日まで無料使用可!せどりツールせどリサ

6月7日20時から!無料WEBセミナー

昨日。

仕事帰りにわたくしめは、買い物ついでに都心のブックオフに足を伸ばしてみました。
仕入れではなく、自分が欲しいもの安く買えないかな~、というカル~い、ユル~いノリで。
東京都内のブックオフは単Cが105円ではありません。
恐怖の210円(だったっけ)なのです!
ランキングが良いけど600円程度の相場の本をその値段で仕入れても、利幅少な~~~い!ので、都心では欲しいもの探ししかしないのです。
買取が多いので回転早いですしね~。

その狙い通り、↓をゲットしました!プロパー500円。

中国嫁日記 (二)/井上 純一
¥998
Amazon.co.jp

「あった~♪」
本をガシっとつかみ、パラパラと中身をめくる。
せどら~の哀しい習性?なのか、書き込みチェックなんぞを、クセでやってしまいました。
「そんなにしげしげチェックせんでもええやんなあ・・・」と、思ったその時。
足元に、異様な衝撃が。
まるで、すぐ近くを大型トラックが通り過ぎていくかのような振動。
「???」と思ったその瞬間!

ズズ~~~ン!!!とさらに強い衝撃、そして横揺れ!!!
「じ、地震や~~~~!!!」
テナントビルの中に入居するブックオフだから、揺れる揺れる・・・。

一様に立ち読みしていた本から目を離し、あたりの様子を伺う周りの人たち。

ふと見れば、わっさわっさと揺れる、たくさんの本が詰まった大きな棚。
「あれ・・・揺れがもっと大きなったら、中身飛び出すやん・・・。でも、このフロア逃げ場ないんちゃう・・・?」

などと思いつつ、逃げ出すとすればどこからか・・・素早くチェック。
すると・・・揺れはそれ以上大きくなることもなく、収まっていきました。

昨年の東日本大震災以来、関東地方の人は地震に免疫でもついたのでしょうか?
立ち読みしていた人たち、「あ~、収まったね~」とそのまま立ち読み続行・・・。

わたくしめはと言えば、ゆさゆさ揺さぶられつつも、「中国嫁日記」を開いて握り締め、仁王立ちしておりました・・・。

すると、大学生くらいのバイトと思しき店員さんが何人か、「お怪我ありませんか~?」と頼りなさげ~に声かけを開始していました。
けが人もなく、商品が棚から落ちていることもなく・・・ということを確認し、「念のため他のフロアもチェックしといて~。店長に報告してくる~」と1人はその場を離れていきました。

今日はこの程度で済んだけど・・・昨年の3月11日はいったいどうなってたんだろう、ブックオフの店内・・・。

そういえば・・・以前、古本屋で積んであった本が崩れてきて女の子が下敷きになったことがあったと記憶しているけど・・・。
以前中部地方で地震があった際、不幸にも亡くなられた方は、寝室の積ん読状態の本の下敷きになった、と記憶しているけれど・・・・。
もし、強い地震起きたら、、ブックオフはまさにそういう危機的状況が起きやすい場所やん~~~!


ブックオフって、店員さんに緊急避難訓練とかしてるんかいなぁ・・・と考えつつ、お会計を済ませ、帰途に。
(ぴろぱぱさん!インサイダー情報こそっと求む~♪)

帰りの電車の中で・・・。
買ったばかりの「中国嫁日記2」を開くと・・・そこには・・・!
冒頭に、昨年の東日本大震災の話が~~~~~!!!!
あまりのタイミングに呆然・・・。(創作ネタちゃうよ、実話やで、実話!!!)

地震大国日本。出先でいつ何時、地震に遭遇するか誰にも予測不可能です。
でも・・・大量の本に埋まるのは・・・やよねぇ、やっぱ・・・。
いくら活字中毒でもさぁ・・・。


人気ブログランキングへ
ウチは地震より雷のほうがキライやねん~~~。

 

 - ブックオフ