久々に プレ値雑誌を 仕入れたり~。

      2016/12/18

このところ、急に涼しくなりましたね。
残暑の厳しさにヘタっていた身体にこの急激な涼しさが堪えたのか・・・。

風邪ひいてしまいましたがな(@_@;)

もっとも、夫に言わせると、「あんさん、掛け布団吹っ飛ばして寝てたやん・・・」ということらしいので、寝相の悪さが一番の原因のようですが~。
ほほほ~~(o ̄∇ ̄o)♪

熱があるわけではないので、せどり稼業と社畜業、せっせとこなしています。
社畜業は、半分以上いやいやだったりするかも~(なんてね)。
今日は社畜業の帰りに、勤務先近くのブックオフによってみました。

欲しい本とかCDとかないかしらん~と思いつつ(←完全私物買い物ムード)、店内を徘徊すること、およそ10分。

「お?これええやん・・・」とせどら~魂が炸裂する雑誌を発見いたしました~。

500円仕入れで最低でも7千円くらいの値段でお客様にお求めいただけるであろう、プレ値化した雑誌。
ヤフオクでたまに出品されているのを見かけることはありましたが、落札価格が最低でも5千円はする雑誌。

この雑誌をブックオフで見かけたのは初めて。
というわけで、がっちり仕入れてまいりました。
関連する品物も同じ棚にあったので、おそらく同じお客様からの買取り仕入れだったのでしょうね。

私物買い物ついでにこういうオイシイ思いができるのもブックオフならでは、なのですが・・・。

冷静にシビア~に考えれば、たまたまブックオフの棚にあったプレ値化商品を運良く見つけて仕入れられた、という見方ができるわけですね。

せどりはビジネスであることを考えれば、こういう偶然性に頼ったやり方ばかりしているのは非常にマズイと思います。
ブックオフやゲオ、TSUTAYAなどでプレ値化した中古商品をみつけようとするのであれば、1日に何店舗も回って狙いものを探し、狙っている商品をゲットする確率を高めるようにして、仕入れ行為から偶然性をできるだけ排除するようにしないと、売上は安定していかないでしょうし。(気力・体力・時間が必要な仕入れ方法ですね~)

ビジネスは偶然性を排除し、必然性を上げていかなければなりませぬ。

常に肝に銘じているつもりで、ラク~な方向に流されないようきをつけないとなぁ・・・。

 - ブックオフ