実店舗 仕入れはこれが 必需品

   

昨日、とあるせどりの手練と、都内某所へ仕入れに。
普段、ほぼひっき~状態で、オンラインせどりに精を出しているのに、
実店舗4店舗、1日で歩き回り、いろいろと仕入れ。
歩き疲れて、このへっぽこアホアホサイトを、更新する気力・体力が、
すっかりなくなってしまった。
誰か、ベホマズン、かけてください~~~という状態。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

↑ 実店舗仕入れの必須品。

実店舗仕入れでは、スマホやバーコードリーダーが、必須品。
それ以外に必須品なのが、上に紹介したような、キャリーケース。

ブックオフを回るにしろ、他の実店舗を回るにしろ、
仕入れたモノ(以下、戦利品という)を、お店のレジ袋に入れて、
持ち歩くのは、回る店舗数が増えるにつれ、機動力が反比例していく。

お店によっては、店員さんによく気がつくヒトがいて、
レジ袋をまとめてくれたりするけれど。
ものすごく気のつく店員さんだど、レジ袋を二重にしてくれたりもするけれど・・・。

いくつもぶら下げて歩くのは、はっきり言って、ムリ。
何かに、まとめて持ち歩くのがいい。

ただ、エコバッグとか、ボストンバッグとかだと、
肩かけしても、ずっしりと食い込んでくる。
そうなると、やっぱり、戦利品の重みにつれ、機動力が反比例していく。

じゃあ、どうやって解消するか、と言うと・・・。

上に紹介したような、旅行用のキャリーケースを使うのが、便利。
それも、キャリー自体が頑丈でしかも軽く、キャスターは4つついているものがいい。
2つだと、重みが増して来たとき、方向転換がうまくいかず、
キャリー自体がよたって歩きづらくなってしまうこともある。

元々、キャリーケースって、海外旅行とか、長期の国内旅行に使われたりするモノ。
だったら、輸出入を始めて、海外買い付けの時にも使えるような、
長持ちしそうな頑丈なモノがいい、と思うかもしれないけれど・・・。

実店舗仕入れで、1日に何店舗も回るために使用する頻度、
海外旅行や長期国内旅行の使用頻度より、ずっと多くなる。
だから、消耗品、と割り切り、自分の手になじみやすい、
使いやすいものを購入し、使い倒す、と割り切った方がいい。

上に紹介した1番小さいサイズは、機内持ち込みできる大きさ。
それで、2.7キロ、容量33リットル。
結構、戦利品、入れられるかも。
1つ上のサイズやと、重さはそれほど変わらないのに、
容量は5リットル増えるから、さらに収納量が増える感じ。

実店舗仕入れの時は、スマホとバーコードリーダーと・・・。
キャリーバッグを忘れずに~~~。


人気ブログランキングへ
昨日見かけたガジェ研ラボメンの「戦利品入れ」に、一緒にいた手練、ビックリしてた~~。

 - せどり, せどりノウハウ