小型版 誰が買うのか 見てみたい。

      2015/04/12

今日も寒かった。
昼間、一瞬暖かくなったかな、と思ったけれど、
夕方にはまた寒くなってきた。
4月なのに、ハロゲンヒーター入れて、PC作業。
ハロゲンヒーターの前にシャアが陣取って、大いびきでBGMを奏でている。
なかなかに、やかましい~~~。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

最近、バッグの中に収めて持ち歩けるような、
小型の雑誌を通常の大きさと一緒に発売している。
通常版と小型版、と仮に呼ぶ。
特に、女性ファッション誌でよく見かける。
「Oggi」とか「Domani」とか。
付録つきの雑誌だと、通常版と小型版で、付録を変える、
という芸の細かいこともやってたりする。

バッグの中に入る大きさだから、通勤のお供に。
読んで見かけて、気に入ったモノを、雑誌をお店に持ち込んで、
「これ在庫ありますか」と聞けるので、ショッピングのお供に。
旅行が特集されているときは、ガイドブックにも使えるから、旅行のお供に。

便利、と言えば便利やけれど、それなら、電子書籍のコンテンツを購入し、
タブレットで見た方が、タブレットの他の機能も使えるし、
荷物少なくて済むんちゃう?と、思うけれど・・・。

ターゲッティングしているヒトたちに、タブレットがまだ普及してないのかしらん?

そう思って電車移動中に車内を見渡すと、女性が使っているスマホ、
大きさがそんなに大きなものは見かけないような。
iPhone6やplusを使っているヒト、あまり見かけないし・・・。
この前、iPhone6使っている女性見かけたけれど、
やっぱり女性の手には大きいなぁ・・・と思う。

ましてや、タブレットで電子書籍を読んでいるような女性は、
もっと見かけないような。

男性は、タブレットで電子書籍や新聞読んだりしてるけれど。
ファッション雑誌を読むような女性のタブレット普及率、
まだまだなんやろうなぁ・・・。

さて。
その、小型版。

雑誌自体が小型化しているわけやから、当然、写真も活字も小さくなる。
そういうコンテンツを苦もなく読める、老眼には縁のない世代に向けて、
販売されているんやろう、と思っていた。

でも・・・。

「家庭画報」などでも、小型版、発売されてるんよね。

「Oggi」や「Domani」より、「家庭画報」って、
読者の年齢層、高いハズ・・・なのに。

ニンゲン、誰しも老化からは逃れられない。
目も、40歳を過ぎれば、毛様体筋の調節力が衰え、
老眼が始まり、小さいものが見づらくなり、近くが見づらくなる。

そういう、老眼始まった世代以上に向けた雑誌で、小型版って・・・。
ニーズあるんかいなぁ・・・。
新刊書店で見かけるたび、不思議な気持ちになる。

どんなヒトが購入しているのか、実際に見てみたいなぁ・・・。

人気ブログランキングへ
明日も、寒いんやろうか・・・。

 

 - せどり, せどりと日常のつぶやき