年1度 健康診断 受けるべし。

      2016/06/30

雨が降っているけれど、年に1度の健康診断で、かかりつけの内科医院へ。
私は喘息持ち(と言っても、もう10年以上発作なし!)なので、
全身状態の変化を見落とさないため、健康保険の範囲で、
内科の主治医が毎年基本的な項目、チェックしてくれるのだ。
検査項目は、身長、体重、胸部レントゲン、心電図、尿検査、血液検査。

なんで雨が降っている中出かけていくか、というと。

雨のおかげで、患者さんがあまり来ないから、健康診断も、
待つことなく、サクサクと進むよ、と主治医と看護師さんに言われたから。

今日も、クリニックに着くと、待っていた患者さんは一人。
その他に、診察を受けていた患者さんが一人。
これなら、今日もサクサクと進むね〜〜〜。

受付で、いつもの診察と、毎年の健康診断お願いします、と告げ、
尿検査の紙コップを受け取る。

その後、胸部レントゲン撮影と心電図。

レントゲン写真と心電図を見つつ、一旦診察。

「レントゲン写真、キレイやね」
「肺も心臓も問題ないね」
「心電図もキレイで問題ないね」

取り立てほやほやのデータを、内科主治医がそう解説。

よしよし、肺と心臓、今年も問題なし。

「じゃあ、毎月の診察ね」
「喘息起きたりしてない?」

特に問題はないけれど、梅雨時でなんだか身体がだるい、と伝える。

「この時期は体調すっきりしないヒト多いよねぇ」

そんなやり取りをしつつ、いつも通りに、喘息の吸入薬が処方される。

「じゃ、この後血液検査用の採血するね」
「なんか体調おかしくなったら、受診するように」

さて。

一番キライな採血に向かうか。

なんどやってもなれない。
私は注射が大キライなのである。

看護師さんに横を向いてるから早くしてね、とお願いし、
しばしの我慢。

採血も無事終了し、待合室に出る。

会計を済ませる。

来院からここまで、1時間もかかっていない。

尿検査と血液検査の結果は1週間後やけど、
まあ・・・腎臓と肝臓もなんともないやろう、と思う。
(というか、思いたい)

目に関しては、定期的に眼科通ってるから、そっちで診てもらってるし、
今年の健康チェック、これにて一旦終了。

私がかかりつけの内科で健康診断をするようになったのは、
以前の勤め先で指定された病院で健康診断を受けた時、
そこの看護師に無礼な一言投げつけられたから、なんよね。

30代後半やったけど、ハタチの頃の体形、維持してたんよね。
(今も維持してるぞ)
そしたら、その無礼な看護師。

「あなたの年齢でこの体重ありえないから、どこか悪いんじゃないの?!」と、
実に不愉快極まりない言葉を投げつけてきた。

その病院、医療事故で裁判抱えてることも知ってたし、勤務先にごねて、
自腹でかかりつけ医院で健康診断受け、診断書を提出するのを認めて貰い、
その病院には、2度と行っていない。

その後、勤務先も健康診断に使わなくなった、らしい。
他にも問題あったのかもしれないなぁ。

専業せどら〜やアフィリエイターの諸姉諸兄!

身体は大切な資本。

病気になってから治療するより、定期的に検診受け、
病気にならないよう気をつけよう!

毎年、決めた医療機関で、健康診断受ける、
人間ドック受ける、しといた方がいいぞ〜〜〜。

絶対。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき