情報は 取捨選択と 分析を。

   

今日も暑い。
我が家のチビーズは、家の中で一番涼しい、玄関に避難して・・・。
そのまま、そこで爆睡中。
これだけ暑いと、晩御飯何にしようか、マジ悩む・・・。
むむう・・・。
続きを読む前に愛ある応援ポチっとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

さて。

夏休み期間中なので、マンションのちびっこたちと、
エレベーターで一緒になることが多い。

一緒になると、彼らは決まって「妖怪ウォッチ」について、
それはそれは、熱く語り始める。
正直、暑苦しいほど。
スゴい、人気っぷり。

密林様の「妖怪ウォッチ」に関するレビューを読むと、
子供や孫に購入してやりたい我々が買えず、
転売屋が購入して出品している、許せ~ん!
という、感情的なモノも目立つ。

某国営放送のニュースで取り上げられるにいたり、
セドラー=転売屋=悪者
という図式も、認知されてしまったような。

でも、肝腎のことを、忘れているなぁ・・・。

すべからく、商売・・・というか、物販は、転売が基本。
生産者が自分で販売もしない限り、物販は基本、全て転売だ。

大手百貨店や大手スーパー、大手家電量販店。
みんな、仲買を経て生産者からか、メーカーからモノを仕入れ、
消費者に販売している。

せどら~の多くがお世話になっている、密林様本体もまたしかり。
メーカーや卸売業者から、仕入れて売っているわけだし。

マスコミは、情報を売る虚業。
だから、実業である物販の基本が、長く虚業の中にいるヒトの視点からは、
抜け落ちてしまうのかもしれないなぁ、とも思う。
転売=悪者だと、物販に携わる業者、全て悪者、になってしまうがな。

入手困難品にトンデモナイプレ値をつけて販売するのを批判する気持ち、
わからなくもない。
でも、それなら・・・。

日本の商社が、発展途上国に安く農産物や品物を生産させ、
日本国内で生産国より、遥かに高く売っていることは、何で批判しないかね~。
イケズな私は、マスコミ眺めながら、時々そんなことを考える。

情報は、取捨選択するべし。
入手した情報は、あらゆる角度から、多角的に眺め、分析すべし。
我が兄弟と私が子供の頃、それを教えるために・・・。
わが父は、一時期、新聞を4誌とっていた。
日経、朝日、赤旗、聖教。
今思うと、右側の2つは、よく周りのヒトがそんなの許してたよな・・・と今、思う。
これらを読んで、同じ事件・事象でも、報道者によって、
内容が変わることを、教えてくれたワケ。
今なら、ネットで比較読みできるけど、当時はそんなのなかったし。

決して、マスコミに踊らされてはダメ。
上手に取捨選択して、いいように利用してやるくらいの気持ちでいないと。

じゃあ、情報の取捨選択、どないしたらええか、と言うと・・・。

情報には、それを伝えるヒトのフィルターが必ずかかっている。
まず、そのフィルターがかかっていることを、認識すること。
フィルターがかかっているという前提で、情報を眺め・・・。
同じ事件・事象にまつわるものを、読み比べる。
その中で、取捨選択をしていく。

その上で、そうやっていくつか選んだものを見比べて、
では自分はどう捉えるか?
どう行動するか?を、必ず、考える習慣をつける。

そのためには、自分の中の軸をしっかり持つこと。
軸をしっかり持つのは、せどりでもアフィリエイトでも同じこと。

これからの時代、誰かがこう言ったからこうした、という考え方するヒトって・・・。
いいように利用される、情報弱者になるだけやろうし。
とことん、自分の頭を使って、考え抜くしかない。

シンドい作業かもしれないけれど、そうやって考えて身につけたモノは・・・。
自分自身の、血肉となるものだし。

決して、思考を惜しむことなかれ。

本日の記事は・・・日頃、交流させていだたいている・・・。
せどり女子@luckyさんのメルマガに触発されて、書いてみた・・・。

人気ブログランキングへ
昨日、長年愛用したプリンターが壊れ、密林様に注文したんやけど・・・まだ、来ない・・・。

 - せどり, せどりノウハウ