最強の リサーチツールは 思考力・・・。

      2016/04/17

時々、先輩せどら~の元に・・・。
「リサーチしていても、売れるモノが見つかりません」という相談(?)が来るんだとか。
売れるモノ、っていうのは、自力で探し出しすしかないんやけど・・・。
多分、こういう質問してくるヒトのイメージしている売れるモノって・・・。
続きを読む前に愛ある応援ポチっとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

単純に、ランキングがよくて、利益率も高くて、ライバル出品者も少ない・・・。
そんなイメージなんじゃなかろうか。
そうだとすると・・・確かに、「売れるモノが見つかりません」になるやろうなぁ。

以前、現在、無料登録紹介中のせどりRank(もうじきキャンペーン終了ね~)で・・・。
使い始めて、いきなり月商400万円を叩き出した、という例がある。
「え!せどりRankを使えば、売れるモノがごっそり見つかって、簡単に稼げるんや!」と思ったら・・・。
アカンで。
仮に、密林マケプレでこの月商を叩き出したと考えると・・・。
もろもろの手数料、発送にかかる諸費用を考慮し、利益率を全体で3割確保できた、としても・・・。
月商の約半分、最低でも200万くらいは仕入れに使っている計算になる。
その月商を叩き出すだけの、仕入れ資金が手元になければならないはず。
だから・・・こういう話を素直に「わ~スゴい~♪」と思ったらアカン。

密林でのランキングが高く、なおかつ、利益率も高~い!という・・・。
オイシイモノ、もあるけれど。
そういうモノって、ニーズの高まるタイミングをうまく捉えて・・・。
ニーズの最大瞬間風速を捕まえ、そこでイッキに売り抜けるのが安全。
その波を逃すと、相場もダダ下がりになりがちだし。

むしろ、ランキングの高いモノは、利益率が低くても・・・。
在庫の回転率を良くする、つまり資金の回収を早く行うモノと考えるべき。
同時に、利益が多くとれるモノは、一般的にランキングが低い、と考えた方がいい。

それを前提にした上で、せどりRankみたいなツールを使って探したり・・・。
メディアとか色んな媒体を眺めてアンテナをピン!と立てて・・・。
積極的に情報収集・分析を行って・・・。
「売れるモノ」は探すべし。

ツールは、あくまでもリサーチの手助けをするもの。
それを使えば、お宝ザクザク見つかるぞ~!なんてことはない。
もし見つけたとしても・・・他のツール使用者も同じようにソレを見つけるハズだし。
以前、とある雑誌のプレ値化瞬間最大風速を捉えて、我が家で売り倒したことがあったけど・・・。
こういうニーズの高まりって、リサーチツールでは捕まえられないことが多い。
その時、せどりRank以外の某有名ツールを使ってその雑誌をサーチしてみたけれど・・・。
「表示するデータがありません」的なメッセージが出てきたし。

常に、頭を使って考え続けること。
己の思考力を使い倒すこと。
それ以外に、「売れるモノ」を探す方法はない。
ツールは、あくまでも頭を使うことの、手助けをするもの。
それさえあれば、と思ったら・・・アカンで。

人気ブログランキングへ
風邪気味・・・咳が出る・・・。

 - せどり, せどりノウハウ