白内障 手術準備を 始めねば。

      2014/12/19

今日は、眼科へ。
いよいよ、1ヶ月後に迫った、白内障の手術の打ち合わせ。
お約束の鉄欠乏性貧血以外は、問題はなかったので、
予定通り、手術を受けることに決定。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

眼科は予約制になっているので、予約時間に行くと、待たされることもなく、
淡々とことが進んでいく。

左目の手術を2年前にやっているので、手術の説明DVD鑑賞ははしょり、、
術前検査の説明とか、術前の点眼の説明とか、
2年前のおさらいをする。
手術当日の集合時間の説明を受けつつ・・・。

あ、そうや、片目一晩眼帯するし、遠近感もなくなるし、
翌朝の診察も朝早いから・・・。
前回は家に帰らず、眼科近くのホテルに泊まって、
翌朝診察してもらって、その後帰宅したんやった、と思い出す。
また、眼科近くのホテル、手配しておかねば。

手術から1週間は自分では髪も洗えず、顔も洗えない。
切開創わずか3ミリとはいえ、目の表面切るんやし。
しかも、それ・・・縫合しないし。
傷口がふさがるのに、大体1週間から10日かかるから、
夜寝るときも、保護用の眼帯、10日ほど目の上に貼って寝たんやったなぁ・・・。

おさらいの説明を受けながら、そんなことを思い出す。

「手術の3日前から、右目に抗生物質点眼してくださいね」
「処方箋お出ししますから、帰りに薬局よっていてね」と言われ、
そう言えばそうやった、と思い出す。

看護師さんの説明を聞いて、いったん待合室に戻ると・・・。
お相撲さんが、待合室にいた。
お相撲さん一人で、待合室の長椅子、1.5人分くらい占有してる・・・。
( ̄▽ ̄;)
どないしはったんやろうなぁ・・・と思いながら、ふと見ると、
待合室の他の患者さんたち、皆、厚手のセーターとか、防寒対策ばっちりなファッション。
それなのに・・・お相撲さんは、単の着物だけ。
寒くないんかいなぁ・・・。

その後、今日の診察担当の先生から、改めて白内障手術について、レクチャーを受ける。
ドクターも「2年前にやってるから、わかってるとは思うけれど、念のため~」
そんな風に言っていたけれど、術前に手術の危険性や、合併症の説明する義務あるから、
ドクターも大変やなぁ・・・。
でっかい目の模型を使いながら、合併症の説明をしてくださる。
よくできてるなぁ、この模型・・・。
ラーメン丼並の大きさあるけど。

レクチャーを終わり、会計も済ませ、抗生物質を受け取りに薬局へ。
薬剤師さんも「前にやってるから、大丈夫よね~。目薬、忘れずにつけてね~」
「あの先生なら、安心よ~」

そう、私の主治医は「腕の良い眼科医」として、医療技術者の間でも評価が高い。
だから、特になんの心配もしてないんよね。
術前の準備にいろいろ時間はかかるけれど、手術自体はモノの5分で終わっちゃうし。

あとは・・・。
当日無事手術受けられるように、体調管理に気をつけていようっと。


人気ブログランキングへ
術後は1ヶ月間、運動禁止やった、そう言えば・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき