API リクエスト数に 上限が・・・。

      2014/12/20

このへっぽこアホアホサイトへの、検索ワードを見ていたら・・・。
昨日から今日にかけて、「せどりすと」「せどろいど」で検索して、
流入してきたヒトがかなりいてはる。
はて・・・?
何か、検索数がイッキに伸びる事象、あったっけか・・・?
続きを読む前に愛ある黄連ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

白内障手術準備に取り掛からねば、とそっちに気が回っていて、
なんだかウラシマタロ~さん状態。

その他の検索ワードを見ると、
「せどりすと シークレットアクセスキー 取得」とか。
「せどろいど シークレットアクセスキー 設定」とか。
中には、「せどりすと 2台で使うには」なんてのもあった。

今年の4月から、密林様のAWSのアクセスキーを取得しただけでは、
シークレットアクセスキーが確認できない、という仕様に変わった。

大雑把に言うと・・・。
新しいシステムは、まずIAM(登録無料)というサービスを登録し、
グループを作り、そのグループのメンバーを設定して、
アクセスキー、シークレットアクセスキーを所得するようになった。
せどりすと・せどろいどに設定するのは、グループのメンバー用のモノ。
詳しい取得方法は、
「せどりすと・せどろいどなどのツール用、AWSの新アクセスキー・
シークレットアクセスキー取得方法」に掲載しているので、
そちらをご参照ください(ステマ)

IAMという略称のこのサービスを登録して使うのは無料なんやけれど、
APIのリクエスト数は、無料でできる回数に上限(1ヶ月単位)がある。
その回数を超えると、有料サービスとなり、課金される。

検索ワードの中に、「せどりすと シークレットアクセスキー 2台 設定」
なんていうのがあったけれど・・・。

外注さんを使って、実店舗で仕入れをしてもらっているヒト。
何人かの外注さんを、それぞれIAMグループメンバーとして登録し、
せどりすと・せどろいどにアクセスキー、シークレットアクセスキーを設定し、
実店舗でサーチし倒してもらう、という方法を使ったとする。

その場合、無料でできる1ヶ月の上限数を超えたAPIリクエスト分は、
有料となり、課金される。
それは個々のグループメンバーではなく、IAMの代表に請求がいく。

だから、IAMサービスの規約、というか、利用条件は、
一度ちゃんと目を通しておくべし。
上限数の確認など、ちゃんとしておくべし。

密林様の規約は、ちゃんと目を通しておかないと、
後で痛いメ見ることがあるし。
密林様自体が、規約ちゃんと理解してる?!とツッコミたくなるような、
そんな対応取ることもあるけどさ・・・。

軒を借りている以上、規約はキチンと読んで、守らねば。
メンドクサイけどさ・・・。

人気ブログランキングへ
最近、セイラがニンゲンの食べ物を横取りしようとするので、大変困っているのであ~る・・・。

 - せどり, せどりノウハウ