CDの プレ値法則 基本コレ。

   

今日も暑かった。
明日も、暑いらしい。
今週いっぱい、猛暑が続くようなので・・・。
熱中症には、気をつけねば~~。
とか言いつつ、今日暑さで気持ち悪くなりかけたのは、実を隠そう、この私・・・。
続きを読む前に愛ある応援ポチっとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

さて。

今年、2014年は作曲家・伊福部昭の生誕100周年。
東宝の怪獣映画、ゴジラのあの有名なテーマ曲を作曲した方。
亡くなったのは、2006年、享年91歳。
長生きなさった大先生。
奇しくも(?)今年は、ゴジラ生誕60年。
ゴジラ、還暦なんやなぁ・・・。
ちなみに、大魔神のテーマも、座頭市のテーマも、この先生の作曲。
クラシックだけでなく、映画音楽もかなり手がけていらっしゃる。
武満徹大先生もそうだけどね。

伊福部先生関連のCDでプレ値化しているものはやっぱり・・・。
映画音楽のサントラ盤、かな。

サントラ盤は、そのアナログディスクかCDにしか収録されていない曲が多く、
しかも、映画の公開からしばらく経つと、廃盤になることが多い。
プレス枚数もそんなに多くなかったりすると、市場に出回った数が少なくなるから・・・。
それで、稀少価値が上がる。

希少価値の出た、数の限られたモノを、欲しがる人々がいるから・・・。
そのモノに付けられた値段も高くなる。
数が少なくても、人気がなければ決してプレ値化はしない。
モノの値段・・・というか、価値を決めるのは、そのモノを欲しがる人々。
その基本を踏まえていれば、他のことにも応用が効くはず。

CDやDVDの初回限定盤、初回盤、がプレ値化しやすいのは、
あくまでも数が限られているから。
数が限られているのに、欲しいヒトはいっぱいいるから・・・。
だから、相場も高くなる。
元々はそういうモノ。

でも、最近のCD会社の売り方を見ていると・・・。
初回限定盤や初回盤のほうがはるかに多く、
通常版のほうが、数が少なく、稀少なんちゃう?と・・・、
ツッコミ入れたくなることもある。

そういう売り方しないと、CD会社も儲からない・・・。
ということなんやろうなぁ。
通常版より値段高めの初回限定を多くして、
それで利益を出す、という販売戦術。
いずれは、コアなファン向けに初回限定を出し、
一般向けは配信のみ、になっていくんやろうなぁ、とも思う。

初回限定=枚数限定、ではないのよね。
新品のCDせどりで狙うべきって、初回限定ではない・・・。
別のモノを狙うべき。

せどりも、世の中の動きをしっかり読み、
進化・変化・適合していかないとアカン。

やっぱり、せどら~は将来ボケる心配が少ないかも・・・。

人気ブログランキングへ
明日、また都会に出かける用事があるのに、今日より暑いかも・・・て勘弁してけろ。

 - CDせどり, せどり