プロ野球 ファウルの行方に 要注意!

   

プロ野球を球場でナマ観戦すると、ある危険と隣り合わせになります。

ファウルボールが観客席に飛び込んでくることが多々あるので、気をつけていないとそれがあたって大怪我することになるのです。

先日、阪神戦を観戦した際に、ファウルボールをゲットした夫とわたくしめ。
その時も、球場係員(多分学生のアルバイトくん)が「お怪我はありませんか?」と確認にすっ飛んできました。

球場内でもファウルが上がるたび甲高いホイッスルの音とともに「ファウルボールにご注意ください」とアナウンスが入るように、当たると非常に危険なのですよ。
野球で使う硬球は石と変わらないような硬さがありますから。
そんな硬さのものが、プロの打者のバットで勢い付いた状態で飛んでくるわけですから、ぼ~っとしていると本当に危険です・・・。
というわけで、球団や球場はファウルが上がると観客に「ボールの行方に気をつけてぇ~」と注意喚起しているのです。

しかし・・・。
残念なことに、不幸にもこのファウルボールが観客の顔面を直撃したことがあります。

1件目は仙台での楽天対西武の試合を市民球場でナマ観戦していた男性の顔面を直撃、それがもとで男性の片目の視力は大幅に低下しました。

2件目は札幌での日ハム対西武の試合を札幌ドームでナマ観戦していた女性の顔面を直撃し、片方の目が破裂してしまい、失明したのです。

本当にお気の毒だと思います。
わたくしめは子供の頃眼病のため、ある日突然視力をほとんど失うような経験をしているので、こういうニュースに接すると平静ではいられなくなります。
今まで考えたことさえなかったような視界に戸惑い、「なぜ自分がこんなめに?!」と大きな憤りを覚えて生活なさっているのでは・・・。
この2件の事例とも、球団を相手に訴訟が起こされました。

しかしながら、球団や球場はファウルボールが上がるたび、観客に注意を促しています。
全く、対策を講じていない・・・というわけではありません。

現実問題として、球団や球場を相手に勝訴するのは非常に難しいでしょう。
1件目の男性には先日判決が出て、男性の請求が棄却されたそうです。
2件目の女性は1塁側内野席に座っていてライナー性のファウルの直撃を受けた、とのこと。
防球ネットがあれば避けられた、として訴訟に踏み切ったそうですが、裁判所がそれをどう判断するのか・・・。
現時点ではなんともわかりません。

ただひとつ言えることは・・・。

ナマ観戦する際は、ファウルボールの行方に常に注意していなければ。
自分の身は自分で守る、という姿勢が必要ですね、プロ野球ファンの皆様・・・。

人気ブログランキングへ
今日は暑かったですね・・・。

 - 日常のつぶやき