ヴィスコンティ タロット買うか 迷い中・・・。

   

先週の金曜日。
知人との用事を済ませた後、池袋に寄った。
明治通りを挟んで、ジュンク堂と三省堂がにらみ合っているので、
探している本や雑誌を見つけやすい。
しのぎを削っている両者には大変やろうけれど、
利用者にとってはありがたいぞ、この配置。

三省堂をうろついていたら、地下売り場で、
世界のトランプとタロットカードの展示即売会をやっていた。
公式サイトはこちら

私はトランプとタロットカードどっちも好きなので、
どれどれ・・・と、覗いていくことにする。

猫のトランプとか、きのこのトランプとか、面白いデザインがたくさん。
中でも、目を惹かれたのは、日本のトランプ。

へ?

日本のトランプ?

そう、ツッコミを受けるかも。

でも、展示されていたのは、日本のおもちゃ屋さんなどで売られているものではなく、
外国人観光客に売られているもの。
安藤広重の東海道五十三次のトランプとか。
おもちゃ屋さんで手に入るものと違い、デザインが面白くて印刷がキレイ。
こんなのが作られてるんやなぁ・・・。
しかも、お値段もリーズナブル。
だいたい、1箱1200円程度。

さて、タロットカードを見て回るか。

タロットカードの有名どころ、といえば・・・。

ライダーウェイト版と呼ばれるものと、マルセイユ版と呼ばれるもの。

マルセイユ版もいろんなのが展示されている。
もっとも、私は絵柄が好みではないので、マルセイユ版は持っていない。

愛用しているのは、ライダーウェイト版。

ライダーウェイト版、解説本とセットになったものが置いてある。

それ以外に、007の映画で小道具に使われてから、
ボンドカード、と呼ばれるようになったデザインのもの。
これも有名よね。

ここで、ふと気づく。

トランプは、海外のものでも、高くてもせいぜい2〜3千円くらい。

ところが、タロットカードは、5〜6千円してる。
私が、以前から欲しいな、と思っていたヴィスコンティ版、
5800円、という値札がついてるし。

タロットカードの方が、値段が高め。

今まで、あまり意識したことなかったけれど、タロットってこんなに高かったっけ?

展示されてるのはカード類だけでなく、入門書や専門書も。

その中に、鏡リュウジさん監修の、分かりやすい入門書がなかった。

先日、鏡さんがこの本について「増刷かかった」とツイートしてたから、
この展示即売には間に合わなかったのかしらん?

ヴィスコンティ版を買おうかと迷ったけれど、財布の手持ちが少なかったので、
潔く諦めて帰宅する。

明日、用事でまた都内に出る予定があるから、帰りにまた寄ってみて・・・。
今月末までやってるから、まだ在庫あったら、買おうかな。

 - 日常のつぶやき