他人から 理解されない 誰のせい・・・?

   

「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」を入手してから、また時間を作って読み直している。
ブックオフで、「完訳 7つの習慣」と、「まんがでわかる7つの習慣」を・・・。
両方、同時に入手したので、マンガ版も合わせて読みつつ。
ムズかしい~~~と思うヒトは、マンガ版から読んでみるといいかも。
続きを読む前に愛ある応援ポチっとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

さて。
物事を、客観的に見るのはムズかしい。
自分ではそのつもりでいても、物事を自分が見たいようにしか見ていない・・・。
そういう、呪縛からは逃れられない、と「7つの習慣」にある。
このことに気づかないと、ヒトは自分は正しい、と考え・・・。
そのために、視野狭窄を起こす。
自分がゼッタイに正しい、と他人に自分の意見を押し付けたり。
自分が理解してもらえなければ、理解しない他人が悪い、と責めたり。
仕事でミスをおかしたら、その失敗を職場の他のヒトのせいにしたり。

こんな行動を周囲の人間に対して行っていれば、当然嫌がられる。
周囲の人間から、浮いた存在になる。
しかし、視野狭窄を起こしているヒトはその原因が自分にある、とはゼッタイに思わない。
ますます、周囲を責め、そして孤立を深めていく・・・。

ヤ●ハ勤務時代に、まさにこういうヒトがいた。
講師で、音楽療法もやっており、福祉にも力を入れている、と豪語していた。
「障害者に思いやりを持て」なんてしょっちゅう言っていたけれど。
非常に視野が狭く、思い込みの激しいヒトでもあった。
仕事上の打ち合わせを時系列に沿って聞かず、勝手に一部だけ聞き、記憶する。
しかも、自分に都合のいいように、脳内変換してしまう。
その誤った思い込みで勝手な行動を取り、周囲に迷惑をかける。
しかし、自分ではその責任を取らず、必ず他の誰かのせいにする。
性格が悪くてそうしているのではないから、余計にタチが悪い。
だからスタッフには、この講師、かなり嫌われていた。
私も、その一人、だ。
特に、私はプライベートを侮辱されたので、もう二度と顔も見たくない。

現在は、何の不自由もなく生活しているけれど・・・。
私は、以前、片目が不自由だった。
自動車の運転免許も取れないような視力。
視覚障害6級だか5級だかで、障害者手帳の取得を勧められたことさえある。
視覚障害を克服するため、角膜移植・レーシック・・・。
手術室には5回、出入りした。

それを、「障害者に思いやりを持て」と言う、その講師に打ち明けた。
すると、信じられない言葉が返ってきた。
「何度も何度も手術室に出入りして、不健康よね」と、そう言った。
もし、立場を逆にして、この講師の生徒やその保護者に私がそんなことを言ったら・・・。
ものすごくヒステリックなクレームを、会社につけていただろう。
「頑張って障害を克服したヒトに、こんな思いやりのないことを言った!」と。
それは、容易に想像がつく。
だからこそ、ゼッタイに許さない。

それ以来、仕事上の打ち合わせは必ず他の講師も同席している時にしか行わず・・・。
その講師とは、極力かかわり合いを持たないようにし、はっきり距離を置いた。
ご本人は、「今まで親しくしていたのに、急に避けるようになった」と・・・。
被害者感情、丸出しにしていたようだけれど。

他人に理解してもらえない、何だか煙たがられる、嫌われる・・・。
それ、本当に他人のせいか?
他人から、理解されないのは誰のせい?
自分自身にこそ、その原因があるんじゃないのか?

自分が絶対に正しい、という考えをまず疑ってかからないと・・・。
いつまでも、視野狭窄を起こした、未熟なまま、生きていくことになる。
「7つの習慣」を読み直して、改めてそう思ったのだった・・・。

え・・・?
何で、こんな毒吐き記事、今日書いているんやって・・・?
風の噂で、上記の腹立たしい講師のことを耳にしたからや~!
たまには、エエやろ~~~?!

人気ブログランキングへ
こ~ゆ~ヒト、どこにでもいるけどさぁ・・・。

 - 日常のつぶやき