嘘やろう 師匠倒るの 知らせあり

      2016/06/27

買い物から帰宅すると、留守中に固定電話に着信が。
マンションを購入した時の情報が漏れているのか、
時々不動産関係の売り込みがかかってくるから、またそれか?
そう思いながら、番号を確認する。
知らない番号なら、折り返さない。
しかし、そこに出ていたのは、見慣れた番号。
イヤな予感にとらわれながら折り返すと・・・。

折り返すと、知人が出る。
この番号から電話がある、ということは、
何かよからぬことがあった可能性があるということ。
それ以外の連絡ももちろんありうるけれど、可能性は低い。
頭の中に、胸の中に、どす黒い、イヤな予感が広がっていく。

知人が、落ち着いて聞いてね、と話し始める。

イヤな予感、的中。

それは、私のピアノのお師匠さまが、倒れて緊急入院、
緊急手術を受けた、というものだった。

先週の土曜日、18日にレッスンで会ったばかりの、私のお師匠さま。

「え?でも土曜日にレッスンであった時は、元気やったよ」

「ご家族から連絡があったの」
「詳しいことは私も聞けていないけれど」
「緊急入院、緊急手術、とまでしかまだご家族から伺っていないのね」

なんということだろう。

お師匠さま、まだ40代やんか・・・。

「とりあえず、今度の土曜はレッスンお休みになるから」
「詳しい状況がわかったら、また連絡するね」

「わかった、よろしくね」と電話を切る。

定期的に病院に通い、体調管理には気をつけていた。

持病の服薬も、ちゃんとしていた。

それなのに、こんなことになるなんて。

今は、手術が無事成功し、健康を取り戻すよう、ひたすら祈るくらいしかできない。

なんてことだろう・・・。

 - 日常のつぶやき