改めて思い知る地震の恐ろしさ

   

熊本の地震でお亡くなりになった方々に心よりお悔やみ申し上げます。
また、避難生活を強いられている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

先週木曜日。
のんびり自宅でテレビを見ていたら、突然下から突き上げるような衝撃が。
「何?いまの・・・?」
その直後、緊急地震速報がぶおっぶおっと鳴り始め、シャアとセイラがおたおたと騒ぎ出す。
「あの下から突き上げるような感覚、そういえば・・・!」
いよいよ、首都圏直下型地震、発生したか?!と一瞬身構える。

しかし、S玉県の我が家ではそれ以上の衝撃はなく、スマホも静かになる。

「思い過ごし・・・?」と思ったとたん、それまで映っていたドラマが突然、報道特番に切り替わる。

テレビ朝日の富川アナウンサーが、九州の熊本で大きな地震が発生しました、と速報を始める。

さっきの下から突き上げるような衝撃、関係あるん・・・?!

食い入るように、画面に見入る。

特番の中継中も、地震が起きる。

「余震、しばらく続くんやろうな・・・」

しかし恐ろしいことに、地震は木曜日だけでは終わらなかった。

東日本大震災のときも、3月11日の2日前だったかに「前震」と呼ばれる地震がおき、
それからあの恐ろしい地震が発生した。

熊本の地震も、木曜日のは前震だと、気象庁が発表。

土曜日の午前1時過ぎ、さらに大きい地震が発生。
それが本震だと言われている。

それによって、さらに被害が拡大した。

回送走行中の九州新幹線が脱線し、阿蘇大橋が崩落し、熊本空国のターミナルビル天井が崩落。
高速道路と国道でも陥没が発生。
熊本への交通手段が大幅に制限される状態になり・・・。

九州の3つの活断層が、同時期に活動した、というこれまでに観測されていない事態。

古文書で地震の記録をたどることはできても、気象庁が観測を始めて100年程度。
地震については、観測史上初、ということが多くなるんじゃないだろうか・・・。

自然の驚異の前には、人間はあまりにも無力。

改めて思い知る、地震の恐ろしさ。

日本は地震大国だ。

南海トラフや首都圏直下型がいつ襲ってこないとも限らない。

地震への用心と備えは、してしすぎることは、ない。

東京都が、都民向けに頒布している「東京防災」。

この東京防災のkindle版を、密林様が0円で提供中。
タブレット所有者は、一読すべし!

その上で、防災セットや水や食料など、準備すべし。

備えあれば憂いなし。

熊本への支援はこちらから ↓

【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金

平成28年熊本地震災害義援金

 - 日常のつぶやき