ドラキュラは この人以外 他になし

      2016/12/18

わたくしめ、イギリスのハマープロの怪奇映画が大好きなのです。

特に、クリストファー・リーがドラキュラ伯爵で、ピーター・カッシングがヘルシング教授を演じている、ドラキュラシリーズが。

クリストファー・リー、1922年生まれですがまだまだお元気ですね~!
流石にアクションシーンはムリでCGを使ってスタントマンの演技に頼ってますが・・・。
(スター・ウォーズとかね~)
若い頃は、アクションも自分でこなしていたんですよね。

彼は、父親がイギリス人、母親がイタリア人。
しかも、イタリア人のお母様は貴族階級の出身で、古代ローマまでさかのぼれる超名門家系貴族らしい。
子供の頃、ドラキュラ伯爵役のクリストファー・リーに、怖さ・不気味さ・恐ろしさを感じつつも、気品も同時に感じていました。
なんとはなしに、「伯爵」というのはこういう威厳と風格のある人なのだろうな、と。
ヨーロッパの貴族階級が持っている独特の気品を子供心にも感じ取っていたのかしらん、わたくしめ。
おそらく、持って生まれたモノが画面を通して伝わってきたのをうっすら感じていたのかも。

たくさんのドラキュラ映画で、いろいろな俳優さんがドラキュラ伯爵を演じていますが、わたくしめにとってのドラキュラ伯爵様はやはり、クリストファー・リー。
彼を超える俳優はいません~!!!

吸血鬼ドラキュラ [DVD]/クリストファー・リー,ピーター・カッシング
¥3,129
Amazon.co.jp

観たことない人は見てみませう~。

 ルーマニアでは現代でも吸血鬼への恐怖が残っていて、お墓掘り起こして胸に杭打つような事件が発生するそうな・・・。

 

 - 映画ばっかり見ていると~