男性よ とかく女を 怒らすな・・・。

              

昨日、「女子力を 高める本は せどりネタ」という記事を書いたら・・・。
西日本から烏さんが飛来してコメント残していかれました~。
女子はいくつになっても女子力を磨いて、美しくありたいのじゃ!
(大奥観ながら書いてるから、言葉がつられたのじゃ~)

男と女、というのは同じ人類のホモ・サピエンスではあっても、まったく違う生き物なのです。
最近は男性も「いつまでも若々しく、美しく年を取りたい」と思う方が増えてきたようで、雑誌などを見てもそういう特集組まれるようになってきましたが、女性というのはいつまでも若くキレイでいたいもの。

間違っても、自分の彼女や奥さんに向かって「老けたね」などと口走たっりしてはなりませぬぞ。

というわけで・・・。
明日から12月。クリスマスなどイベント事が続きますね。
女性読者から怒られるかもしれませんが、世の男性諸氏に女子の取扱注意をお知らせしませう。

1、怒り方
女性はいつでもどこでも好きなだけ、目の前にいる相手に対する怒りを蒸し返すことができる生き物。たとえそれが5年・10年も前のものだとしても。女がこうなっている時に「俺、そんなことしたっけ?!覚えてないよ!」などと言ってしまうと・・・。
さらに、怒りの炎に油をドバドバと注ぎ、事態をさらに悪化させることになるだけですぞ。下手な反論などせず、嵐の通り過ぎるのを待ちませう。

2、嫌悪コントロール
以前「不機嫌は 嫌悪コントロールの 別名や」という記事に書きましたが、不機嫌であることをアピールして相手を自分の思い通りにしよう、とする行動を女性は男性よりもとりがちです。これをやられると男性はオロオロするでしょうねぇ・・・。
対処方としては、あまりにしょっちゅうやられるならスルーする、というのもひとつの手ですけどね・・・。
その場合は関係が終わりになるかもしれない、という覚悟も必要ですぞ。
たま~にやられる場合は、嵐の通り過ぎるのを待ち、落ち着いた頃を見計らってご機嫌取りしませう。

3、コミュニケーション(?)
先週のanan(斎藤工さんが表紙だったやつ)で男性が女性を重いと思う行動の第一位を読み、思わず笑ってしまいましたが・・・。
女性は男性と違い、女性同士でもマメに連絡を取り合い、関係を細かくメンテナンスし続ける生き物なのです。
そこはちゃんと理解して、連絡にはちゃんと連絡を返す。
「言わなくてもわかるだろ」的な態度はとらず、気持ちは言葉にして伝えるようにしませう。

わたくしめ自身は男兄弟しかおらず、幼馴染も男ばかり、子供の頃お守りしてくれたのも年上の従兄弟、と男の中に女がひとり状態で育ったのでございます。
子供の頃は女の子とおままごとなどをしたことがなく、兄弟や幼馴染と秘密基地の造成や虫取りに熱中しており・・・。
そのせいか、ヘンなところが男性的だとよく同性である女性の友人・知人から言われます・・・。

実は・・・上記の1~3は、わたくしめ自身がよく同性である女性によくやられることだったりするのでございますよ、ほほほ~。
わたくしめの体験から得た対処方を紹介してみました~。
まあ、参考にしてみてくだされ~。

あと、記念日系は忘れないようにね~。
 
 

                  

男性よ とかく女を 怒らすな・・・。」への2件のフィードバック

  1. のだめもどき

    2. Re:無題
    >元ブックオフ店長ぴろぱぱさん

    ・・・身に覚えがあるんですね~

  2. 元ブックオフ店長ぴろぱぱさん

    1. 無題
    昔の女性関係の事を色々と思い出してしましますね~^^

コメントは停止中です。