乗り換えか そのままかそれが 問題や・・・。

   

Google先生は、大変キビしい。
Google Analyticsで、ページの読み込み改善点を指摘してくださる。
で、サイトのユーザビリティ向上のため、そのアドバイスに従おう、と
ガンバるのだけれど・・・。
「画像の有効期限が設定されていません」と、ツッコミ受けているポイントが、
Google先生の提供している、他のサービスのモノなんやけど・・・。( ̄▽ ̄;)
私が勝手に有効期限書き換えるワケにいかんやろ~~~。
というワケで、見て見ぬふり、という後ろ向きな解決方法をとりあえずとっとくことにする。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

その他に、Google先生からツッコミを受けているポイントに、
サーバーの応答時間を早くしなさい、というモノがある。

「この秒数でツッコミ受けるんかい・・・」と思ってしまうような、
ものすごく短い秒数でも、ページスコアが下がる。

でも、サーバーの応答時間って、私にどうこうできることとちゃうし。

契約している、レンタルサーバー会社に頑張ってもらうしかないよねぇ・・・。
或いは・・・。
本気で、サイトのサーバーの応答時間短く改善しようと思ったら、
もう、サーバー会社の乗り換え、しかない。

そんなことを思っていたら、今日、レンタルサーバー会社から、
1通のメールが。

このレンタルサーバー会社、以前、某国からWordPressがハッキングされ倒し、
数多くのサイトが乗っ取り、書き換え被害にあったことがある。

それで、そういう被害をなくすために、ログイン制限をサーバー会社の方で、
かけていたのやけれど・・・。

新しく、WordPress用のセキュリティプラグインを採用する方法に変えた、
というアナウンスを、今日送ってきた。
過去に、簡単インストールを使い、サーバーにWordPressを、
インストールした方にお送りしてます、ともあった。
私、インストールは簡単インストールやったけどさ・・・。

他のセキュリティプラグイン、愛用してるんやけど・・・。
このサーバー会社、WordPressは指定のセキュリティプラグイン、
一択にする、ということなんやろうか・・・?

もしそうなら、指定のセキュリティプラグイン以外の、
高性能なセキュリティプラグインをインストールして有効化したら、
サイトに不具合起きる可能性もあるってことか・・・?!

とりあえず、カスタマーサポートに質問投げてみる。
どんな回答が返ってくるか、わからんけどね。

ブルートフォースアタックなど、WordPressへの不正ログインは、
主に海外から行われる。

他のサーバー会社みたいに、海外からのログインを制限したほうが、
現実的なような気がするんやけどなぁ。
海外旅行先からWordPressを更新しようとする場合は、
あらかじめ届け出ておけば、ログインできるようにしてもらえる方が、
ユーザーからしたら、使い勝手いいんちゃう?と思うけど。

契約期間までは続けて、カミカミ大王様の使っている、
某レンタルサーバーに乗り換えようかなぁ・・・。
そうすれば、サーバーの応答時間も早くなり、
Google先生のツッコミ頻度も下がるやろうし。
サーバー会社からのメール読みながら、そんなことをつらつらと考えたのだった。

人気ブログランキングへ
気分だけは、ハムレット・・・?!

 - PC研究会?, WordPress