WordPress サイト運営 注意点・・・。

   

WordPressはオープンソース。
だから、サイトを構築するために必要なファイルがどこに格納されているかは誰にでもわかる。
そのため、ハッキング被害にも遭いやすい。
ある方法を使うと、簡単に他人のWordPressサイトの、ログイン画面を呼び出せてしまうから。
だから・・・。
セキュリティ対策は、抜かりなく行わねば。
続きを読む前に愛ある応援ポチっとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

無料ブログは、開設するのはとてもラクチン。
雨風呂しかり、FC2しかり。
雨風呂は商用利用禁止、なので、そういう目的の運営と判断されると・・・。
情け容赦なく、削除される。
私自身も、何の警告もなく、記事を表示できなくされたことがあったし。
FC2は雨風呂と違い、商用利用OKなんやけど・・・。
近頃、何やらシュクセ~の嵐が吹き荒れているようで・・・。
カミカミ大王様のFC2ブログも削除され・・・。
異次元せどりプロジェクトメンバー仲間のZさんのFC2ブログも、削除された模様・・・。
無料ブログは、これがあるから、コワい。
それで、ブログアフィリエイトをやっているヒトたちが勧めるのが、WordPress。
独自ドメインをとって、レンタルサーバーを借り、WordPressをインストールして・・・。
サイトを構築すれば、無料ブログのように、ある日突然、削除されることはない、と。

ただし!
この方法でWordPressでサイトを構築して運営するにも、結構、リスクはある。
WordPressでサイト運営する際の、注意点。
そのヒトツが、冒頭に書いた、オープンソースのため、ハッキング被害に遭いやすいこと。

昨年の夏だったと思うけれど、とあるレンタルサーバー会社でWordPressユーザーが・・・。
大量に、ハッキング被害にあったことがあった。
もう、更新していないWordPressを古いバージョンのまま、ほったらかしていたり。
或いは、ログインのIDを単純にadminのままにしたり。
パスワードも簡単に類推できるものだったり。
どうやら、そういった状態のヒトたちが、セキュリティの脆弱性を突かれ・・・。
ハッキング被害に遭い、サイト改ざんなどの損害を被ったらしい。

だから、ユーザー側でも、できるセキュリティ対策はちゃんとしておかないと。
WordPressのバージョンは、できるだけ最新のモノにする。
プラグインのバージョンもできるだけ最新のモノにする。
使わないテーマやプラグインは、削除する。

また、使っているテーマも最新のバージョンにしておいたほうがいい。
デフォルトのテーマも、アップデートされるので、バージョンアップする。
ただし、気を付けないといけないのが、テーマそのものをカスタマイズした場合。
そのままアップデートすると、カスタマイズした内容すべて、デフォルトに書き変わる。
苦労して行ったカスタマイズが全部おシャカになってしまうので・・・。
デフォルトテーマをカスタマイズする時は、そのテーマの子テーマをつくる。
カスタマイズは、その子テーマで行うと、親テーマをアップデートしても・・・。
苦労したカスタマイズが、失くなってしまうことはないから。

その他に、気を付けないといけないのが、独自ドメインの有効期限。
以前、更新するのを忘れていて、サイトが消滅した、というブログを見たことがある。
レンタルサーバーも、期限付きで借りているものだから・・・。
契約期限の更新を忘れたりすると、やっぱりサイトが消滅することになる。

無料ブログと違い、ある日突然サイトを削除される心配がない、と簡単に言うけれど。

WordPressのセキュリティ対策を怠り、ハッキング被害に遇い、サイト改ざん。
独自ドメインの契約更新を忘れ、サイト消滅。
レンタルサーバーの契約更新を忘れ、サイト消滅。

実は、サイト消滅のリスクは、結構あったりする。

独自ドメインを取り、レンタルサーバーを借り、WordPressでサイトを運営するのは・・・。
当たり前のことだけれど、すべて自己責任。
何か不具合が起きても、サーバー会社に責任のないことなら、自力で解決するしかないし。
そのために必要な知識やスキルも、自分で付けていくしかない。
稼ぐのも、サイト運営も、その他何事においても、主体性が必要・・・。

先日の、ブルートフォースアタック攻撃で、改めて、そう思う。
オシゴトと並行して、WordPressのおベンキョももっとせんとアカンなぁ・・・。
個人事業主、ホンマに小忙しい・・・。

人気ブログランキングへ
今日は母の日やね~~。





 

 - PC研究会?, WordPress