暑気払い ホラー漫画が オススメや・・・。

      2016/12/18

毎日毎日、暑いですね(@_@;)
真夏の香港38度!が平気やったこのわたくしめが・・・すっかり早くも夏バテ状態。
亜熱帯より温湿度キツイって、おかしいやろ・・・。
それとも、日本って温帯廃業して亜熱帯に鞍替えしたんかいな・・・。
香港やシンガポールより、暑さがキツイ気がするのは・・・海が遠いからかしらん。

さて。

あまりの暑さに、昼間また都心にフラフラと出かけてきました。
わたくしめにとっては映画を観に行く街、渋谷に。

ブックオフとヴィレッジバンガードがご近所さんなので、まずブックオフを覗き、それからヴィレバンよるかぁ~と、フラフラ。

渋谷のブックオフ、ライブハウスのクラブクアトロの下にあるのですが・・・。
ここって、昔何があったんやったけ・・・?
クラブクアトロには何度かライブ見に行ったことがあるのに、全く思い出せない・・・。
暑さで、ついにここまで脳みそやられたか~?

まあエエわ~、どうでも。
今日はちゃんとスマホも持ってきたし・・・。
私物漁りと仕入れをのそのそと行っていると、せどら~を何人か見かけました。
目いっぱい本を詰め込んだカゴとキャスター付きトランク棚の陰に置き、さらに他の棚の前に陣取って目当てのブツを探すヒト、キャスター付きトランクをガラガラ引きずりながら、棚から棚に渡り歩くヒト・・・。
目利きで棚から目当てのモノを探すヒト。

いずれのヒトにも共通していたのは・・・。
露骨にビ~ムせどりしてる雰囲気がないことでございました。
都心のブックオフ、携帯やスマホ取り出しただけで店員さんだか警備員さんだかがすっ飛んでくる店がある(新宿とか)と聞いたことがあるのですが、もしかしてその影響かしらん?
でも、一昨日行った店では携帯でが~が~喧嘩してるヒトいたけど・・・あれは、せどら~じゃないって店員さんが判断したのかなぁ。
わたくしめはイナカモノなので、其の辺がよくわからんのよね~。
元々、ブックオフ主たる仕入先にしてなかったし。
私物漁りのついでに仕入れしてたけど~。
まあ、エエわ~、暑いし~。考えるの、メンドクサ~。

CDをいくつか仕入れ(検品と称して聞いてから出品する)て、ヴィレバンへ。
思わず、こんな作家に心奪われてしまう、わたくしめ。

意外(?)にも・・・デビューが週刊少年ジャンプ、だったのですよね、この方。

栞と紙魚子の百物語 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)/諸星 大二郎
¥798
Amazon.co.jp

日本テレビでドラマ化されたんですよね、栞と紙魚子(しみこ)。

栞と紙魚子の怪奇事件簿 [DVD]/南沢奈央,前田敦子(AKB48),山根和馬
¥15,960
Amazon.co.jp

原作とはまた違う、グダグダ感がたまらないドラマに仕上がっています~。
ホラーなんだけど・・・笑えるんですね~。
この漫画みたいに↓

伊藤潤二傑作集 双一の勝手な呪い (コミック)/伊藤潤二
¥1,050
Amazon.co.jp
伊藤潤二の「富江」はホント怖いけど・・・双一シリーズはホラーギャグ・・・笑えます。
見たことない・読んだことない方は暑気払いでこの機会にどうそ~。

子供の頃って最高気温35度越すとニュースで騒いでた記憶があるんやけど・・・。せいぜい、最高位金33度くらいまでやった気が・・・。

 - せどりと日常のつぶやき