間違うな 「誰でも儲かる」 それはウソ・・・。

      2016/12/18

密林様やヤフオクなどを主戦場にして、物販というネットビジネスに取り組もう、或いは既に取り組んでいて伸び悩んでいる・・・。

そういう場合、色んな情報商材が氾濫しているので(無料レポート・有料商材問わず)、あれもよさそう、これもよさそう・・・とあれこれ情報収集しまくっているうちに、情報のウズに巻き込まれ、溺れ・・・なんだかワケのわからないことになってしまい・・・。
ノウハウコレクター状態に陥り、「ネットビジネスなんて儲からない」と、相場を荒らしまくって去っていく・・・なんてことになりがち。

そうならないために、まず一番初めにしなければならないことは何か・・・?

それは、自分自身の興味・適性・・・などを、冷静に分析することです。

その上で、様々なネットビジネスの中から、自分にあったものは何かをじっくり考え、選んで取り組むことが重要。

ノウハウ提供者が「このノウハウなら誰でも稼げます!」と言っているのは・・・申し訳ないけどありえないことやと思います。

なぜなら、人には向き・不向きがあるんやから。

ノウハウ入手して行動しない、というのはもうどうしようもないけれど(こういうヒトはそもそも自営には向いてませんぞ)
向いていないノウハウにムリに取り組んでも苦しいばかりでそこには何の楽しさもない・・・のでは?

そんな状態で、結果が出てくるとは到底思えませぬ。

ネットビジネスは仕事を義務として行う社畜業と違い、自分の意志で取り組むもので、イヤ気がさしてしまえばいつでも放り出すことが可能なのやから。

例えば・・・。

あまり体力のないヒトが、ブックオフを1日に何店も周り、ツールを使って検索・仕入れする。

アニメやフィギュアなど、ヲタク文化に興味がないヒトが「儲かるから」とそれらのせどりに取り組む。

エロス系商材に嫌悪感を持っているヒトが、「儲かるから」とそれらを商材として扱う。

いずれも極端な例えですが、すべて自分にかなりのムリをさせてますよね。

こういうのは・・・長続きしないですよね、どう考えても。

がんばっても、いつかは破綻がくる・・・と思います。

「好きこそモノの上手なれ」という言葉があるけれど、物販の商材として扱うモノも同じ。
やっぱり、そのモノに対する興味・愛情がなければ長続きしないでしょう。

ファッションが好きなら、自分が着たい・使いたいと思うファッションアイテムを揃えた無在庫販売(小玉歩さんのマネートラップとかね)に取り組んだ方が、本やCD売るより楽しいでしょうし、IT系の知識・技術に長けているなら、ツール作って売り出した方が物販に取り組むより楽しいのでは・・・?

自分にムリせず、楽しみながら取り組むのがとても重要や、とわたくしめは思います。

本・CD・DVDなどを扱うにしても、新品のみを扱うのか、中古のみを扱うのか、両者混合でいくのか、というのも「自分はどうしたいか」をちゃんと考え、戦略を練るべし。

今、全くあたらしいせどり手法として「逆転の発想で稼ぐ松浦転売法」という、動画が公開されてます。

わたくしめにとっては、「ほう~、な~るほど~」と色々、参考になる動画でした~。

実はこの方、わたくしめのオンラインせどりの師匠のお師匠様だったりする・・・。

(ヘンな例えだけど・・・マスター・オブ・ジェダイみたいなモン・・・?)

師弟関係にありながらも、彼らの戦略は真逆。

しかし!
決して表面だけを見て「なんだよ~、師弟関係にありながら言ってることとやってることが全然違うじゃね~かよ~」などと安直な非難をしたりしないようにね~。

戦略が真逆なのは、彼らが「自分はどうビジネスに取り組んでいくか」を考え、選択した結果です。

物事は常に俯瞰して見るべし。

なぜそうなっているのか、そうしているのかを必ず考えるべし。

なので・・・。

「逆転の発想で稼ぐ松浦転売法」の動画を観て、「あ、この分野がライバル少なくて儲かるんや~」と安易に考えて飛びついたりせず、自分自身の興味・適性を冷静に分析し、ノウハウを入手するか・商材として扱うならどう取り組むか・・・などを選択しませう。

それにしても・・・毎日毎日暑いねぇ・・・。

 - せどりと日常のつぶやき