バイエルの 需要は消えず 保育系

      2014/08/20

19世紀(だったかな?)のドイツに、フェルディナンド・バイエルという音楽家がおりました。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村
彼はピアノ入門者用の教材を作ります。
それが、今日の日本で有名な「バイエル教則本」ですね。

日本には明治時代、現在の、
東京芸術大学音楽学部の前身である「音楽取調掛」
(おんがくとりしらべがかり、と読みます。仰々しい名前ですね)
がソナチネやチェルニーとともに輸入したのがはじまりでした。

子供用の全音楽譜出版の上下冊で出ている俗に言う「、
赤バイエル」「黄バイエル」は、子供の頃にピアノを習った方なら、
「あ~、あれね~。弾かされたわ~」という記憶をお持ちの方もいらっしゃることと思います。

ところが、このバイエル。
本国ドイツではすっかり忘れ去られており、
ドイツ人にフェルディナンド・バイエルの話をしても「誰?」と思われるそうな・・・。

ちなみに、日本の子供向けピアノ教育の現場でも、バイエルを使わない先生が増え、
昔のようにピアノの導入と言えばバイエル、という時代は昔の話になってしまいました。
へ音記号の読譜導入が遅い、またそのあたりから急に技術的な難易度があがる、
というのがその衰退の主な理由だったと思います。

余談ですが、「せどりの眼」の中で、
「パイレーツ・オブ・カリビアンのバイエル」として、長尾さんが紹介している楽譜は、
バイエル修了程度の技術で弾けるやさしいアレンジの楽譜集
のことです。
バイエルと言いつつ、チェルニー30番やってないと無理やんけ~!
と思うアレンジもあったりしますが・・・。この手のアレンジ譜は・・・。

ところが、このバイエルが今でも使われている教育現場があります。

幼稚園や保育園の先生になる、
幼児教育課程のピアノ実技の教材として今でも使われている
のです。

なぜか、というとバイエルは全106曲からなる練習曲なのですが、そ
最終曲の106番が、幼稚園や保育園の先生になる国家試験(でよかったっけ?)の、
実技試験曲に指定されているからなのです。

そのため、幼児教育系の教育課程ではピアノ実技の教本として、
いまだにバイエルを使わざるを得ない、のです。

わたくしめの個人的な意見ですが、幼稚園や保育園の先生に必要なのは、
バイエルの106番のような面白くない曲を弾ける技術じゃなく、
子供たちが仮面ライダーやポケモンを歌い始めたらぱ、
ぱっと即興で伴奏付けてあげられる能力じゃないのか?と思うのですが・・・。
旧態依然としてますねえ・・・。

子供の頃ピアノを習っていなかった子が、
高校生くらいから「幼稚園の先生になりたい」とバイエル購入し、
レッスン引き受けてくれる先生を探して習い始める・・・というパターンが結構あったりします。
(中学生・高校生くらいからピアノ始めるのって結構大変なんですけどね・・・。)

そのため、全音楽譜出版や音楽之友社などから出ている1冊もののバイエルは、
いまだに需要があるのです・・・。


オークション ブログランキングへ




 - せどりノウハウ