密林様 本体こそが 最強ツール。

              

せどり用のリサーチツール、いろいろ出ていますね。

無料の携帯サーチ、有料の携帯サーチ。

オールマイティまいさんの会社の「せどりRank」、eBayの純さんの会社の「せどリサ」。
有料のリサーチツールもいっぱい出ていて、それぞれに特長・一長一短があるでしょう。

常日頃、夫とわたくしめは「せどりRank」を使っています。
スマホのバーコードと連動させて外出先でポケットWi-FiやKDC200のような小型のバーコードリーダーを使わなくてもビームせどりができるツールで重宝しています。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、オールマイティまいさんとeBayの純さんは以前、共同でメディア商品せどりの商材を販売していたことがあります。(現在はもう販売していません)
共同で商材を販売していた二人がそれぞれ自分の会社で開発した全く別のリサーチツール、それが「せどりRank」と「せどリサ」です。

純さんが6月6日まで「せどリサ」の無料版公開登録をしていたので、夫とわたくしめも登録して使ってみました。
お二人のせどりに対する考え方の差が、ツールにどういう形で表れるのか・・・一応、システムエンジニアの夫が興味深々だったから、というものあります。

この2つのリサーチツールの一番の大きな違い、それは・・・。

密林様で在庫切れ・定価超え商品を一発で検索する機能が「せどリサ」にはありますが、「せどりRank」にはありません。
え?あったほうがええやんって?
まあ、ちょっと待ちぃな~。

純さんがなぜこの機能をリサーチツールに必要としたか?
それは、彼がせどりのリサーチ作業をスタッフに外注しているから、というのが大きな理由です。
精度の高いリサーチができるようになるために、長時間スタッフをトレーニングするのは大きな負担になるはずですが、リサーチツールにこの機能があれば、今日始めたばかりのリサーチスタッフもプレミア化した商品を見つけやすくなるでしょう。

一方、まいさんはリサーチに外注スタッフを使っていないと記憶しています。
自分で考え、リサーチし、プレミア化商品を見つける・・・のがまいさんのせどりスタイルです。
ご自身やコンサル生などが使いやすいように、「せどりRank」を開発・改良を重ねて行ったので純さんの「せどリサ」にある便利な機能は必要ではなかったのでしょう。

ツールには一長一短があるので、ある人には使いやすいツールでも他の人にはそうでもない、ということもあるでしょう。
せどりにあれば便利なもの、それがリサーチツール。
しかし、なければせどりが出来ない、というものではありません。
ツールはあくまでもツール。

我々せどら~にツールを提供してくれたまいさんや純さんにしても、密林マケプレに参入した時には「せどりRank」も「せどリサ」もなく・・・。
彼らはどうやってリサーチをしたのでしょう?

密林様本体でランキングをチェックし、リサーチしていたのです。
どういう商品に人気があるか・どういう商品がランクが上がってくるか・息の長い商品は・・・。
密林様本体で毎日チェックしていたら、どんなものがそうなりやすいか分かり始めるでしょう。

そういう意味では、最強のリサーチツールは密林様本体、と言えます。
この最強のリサーチツール、使いこなしませう、皆様~。

人気ブログランキングへ
仕事が休みで昼寝してたら猫に起こされた~。いきなりベロベロ舐めんでもええわ~!!!

                  

密林様 本体こそが 最強ツール。」への2件のフィードバック

  1. のだめもどき

    2. Re:無題
    >元ブックオフ店長ぴろぱぱさん

    密林リサーチの最強ツールは密林様本体でしょうね~。

  2. 元ブックオフ店長ぴろぱぱさん

    1. 無題
    流石ですね~のだめさん^^

    ツールの比較メッチャわかり易くて勉強になりやした!!

コメントは停止中です。