良く売れる 東野圭吾は 回転本

      2014/08/19

長尾さんの「せどりの眼」にも回転本のひとつとして紹介されている東野圭吾の小説
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

わたくしめも何度も販売しておりまする・・・。

わたくしめはある程度速読ができるので、東野圭吾のハードカバーの単行本は、
集中して一気に読むと3時間くらいで読み終わるのです。
そして我が家の大きな子供(夫とも言う)に「もう読んだのか~、あんさん・・・。」
と、あきれ果てられるのですが・・・。

さて、そんなよ~~~~く売れる東野圭吾の小説ですが、
何でもかんでもいいお値段で売れるわけではありませぬ。
残念ながら1円本になってしまったものもありますし。

わたくしめのつたない経験上では、
(諸先輩せどら~方から当たり前やろ~、と言われると思いますが)

1、出版から時間の経っていないもの

今年は、「麒麟の翼」「真夏の方程式」「マスカレード・ホテル」ですね。
「麒麟の翼」は加賀刑事のシリーズ、「真夏の方程式」はガリレオシリーズ、
「マスカレード・ホテル」は新キャラ登場の作品でした。

わたくしめは、こうした本をブックオフでプロパーで仕入れ?し、
一気読みした後で、お客様にお求めいただくべく密林様に出品するのです。
ほほほ・・・。

2、映画化・ドラマ化されたもの

今年は「夜明けの街で」が映画化されましたね。
1円本だった単行本が、映画公開にリンクするように相場が上がりました。
といっても、1タイプに比べると安いですが。

3、まだ文庫本化されていないもの

「探偵ガリレオ」のドラマ化後、「聖女の救済」と「ガリレオの苦悩」を
いいお値段でお求めいただきました。
ただし、出版から何年も経過すると相場下がりますよ、当然・・・。

他の作家の小説も、同じような傾向があるだろうな~、と思いつつ、
小説は限られた作家の作品しか読まないわたくしめ。

東野圭吾・伊坂幸太郎・万城目学・・・
(色っぽさがない好みやねえ、我ながら・・・)

読書の幅広げれば、回転本の幅も広がるかしらん、わたくしめ・・・。


オークション ブログランキングへ

 - せどりノウハウ