ヘンレ版 仕入れの際は 要注意・・・。

              

eBayの純さん(河野純之助さん)のせどり花道キャンペーン。
(このキャンペーンは終了しています)

せどりスパルタ合宿セミナー映像無料公開!

6月30日まで無料使用可!せどりツールせどリサ

6月7日20時から!無料WEBセミナー

先日、夫とドライブに行ったついでに、その街でブックオフを見つけたので覗いてみました。

最近の仕入れはオンラインをメインにしているので、もしかしたら自分たちが欲しい本・CDなどが安く転がっていないかちょっと見てみようか・・・というカル~い気持ちでお店の中へ。

すると・・・雑誌コーナーに、こんな重厚感のあるものが1・2巻揃った状態で仲良く並んでいました。
近くに音大があるワケでもない街だったので、ちょっと意外な気持ちも持ちつつ、中身をパラパラとめくってみました。

ベートーヴェン : バイオリン・ソナタ集 第1巻 : Op.12/1-3, 23, 24/ヘン…/著者不明
¥5,460
Amazon.co.jp

裏表紙を見ると、恐らくヤマハで売られていた時の値札が貼られたまま。
その売値の半額でブックオフは売っていました。1冊、およそ2000円。

夫が「これって仕入れたらどないなん?」と聞くので、「やめときや~」と答えました。
その、ワケは・・・。

ヴァイオリンは弦楽器の中では演奏者人口の多い楽器ですが、原典版であるヘンレ版の全集を購入する方はプロ仕様レッスンを受ける方ばかりでしょう。
以前、「クラシック 楽譜のせどりも 要知識」という記事に、原典版をせどりする時の注意点を書きましたが・・・。

そこで書いたとおり、プロ仕様レッスン受ける方は密林マケプレで購入することは恐らくほとんどない、と思います。
お師匠様に楽器屋さんがついていて、御用聞きよろしく注文した楽譜を届けてくれたり、音高・音大生であれば学校の売店で学割で入手できるからです。
大人になってから趣味でヴァイオリンを始める方で、ヘンレ版の全集を購入する方、というのはかなりの少数派でしょう。
中には、楽譜集めが趣味、という方もいるかもしれませんけどね・・・。

仕入れの際、どういう購入者が考えられるか?という視点を失ってはなりませぬ。

特に、クラシックの場合はロングテール商品になることがほぼ確実なものが多いので、お宝くさいから~、という理由でほいっと仕入れてしまうと、仕入れ値が高かったのにいつまでたっても売れない・・・ということになりがちです。

「せどりの眼」の中で長尾さんが「少数派をターゲットにする」という、専門書のせどりには重要なノウハウを語っていらっしゃいますね。

クラシックも少数派がターゲット、という点ではまさにこのノウハウに当てはまるのですが、楽譜の場合は注意が必要なのですよ~、皆様。
万一、書き込みなしのヘンレ版が単C仕入れできるような超レアな状況に遭遇したらゲットすべし!ですが、まずないので・・・。
(ごくまれ~に、ブックオフの店員さんがまったく知識なく、適当に安く値付けしちゃうこともありますが~~)
プロパー仕入れはやめといた方がいいですよ~。
送料もかかりますし。
ヘンレ版(特に全集)は、分厚いし重いし・・・まずメール便では送れません。
ロングテール覚悟でFBAに預けるか、自己発送ならゆうメールか小包か宅急便、かも・・・。

ちなみに、わたくしめの私物で測ってみたら・・・。
1キロ以上ありました。お、重い~~~!!
どうりで、レッスンの時肩こりするわけやわ、納得・・・。

人気ブログランキングへ
我が家の駄目リカンショートヘアー、でび~ちゃんなので6キロ近い・・・。

                  

ヘンレ版 仕入れの際は 要注意・・・。」への2件のフィードバック

  1. のだめもどき

    2. Re:無題
    >元ブックオフ店長ぴろぱぱさん

    レッスンのたび持ち歩くので音大生は肩こりに悩まされるそうですよ~。
    我が家の猫・・・。フワフワというより・・・固太り・・・。

  2. 元ブックオフ店長ぴろぱぱさん

    1. 無題
    1キロの本は重いっすね~(°д°;)

    ネコちゃん6キロはいいですね~
    そういうネコちゃんすきです~

    フワフワでたまらんでしょうね^^

コメントは停止中です。