クレームや 理不尽要求 避けるには・・・?

      2014/09/21

来月の5日に開催される、オールマイティまいさんの、
「今年中に結果を出したい人のためのオールマイティまいリサーチセミナー」。
13時からの部は残り定員間近、らしいので・・・。
興味のある方は、お早めに~。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

今日は、ぜ~んぜん、オシゴトしていないのだ。
いや、イバることとちゃうんやけど・・・。

午前中、午後と用事でめいっぱい動き回り・・・。
ぐったりして、夕食作る元気もなくなり、お好み焼き食べに行く。

すると・・・。
お店がメチャ混み。
なんか、高校生っぽいのが、お店の一画を占拠している。
大きな声で騒ぎ、ドリンクバーを取りに行った時に、
席が空くのを待っているヒトたちがいるのにも気づかず、
自分たちはとっくに食べ終わっているのに、どっかり座り、
一向に動く気配がない。

何やろ・・・?
文化祭の打ち上げの高校生か何か・・・?と、初めは思った。
でも、やっと席を立ったその一団が立ち上がり、顔を見たら、
明らかに男の子が、高校生、というには幼い。
中学生、だった。
何の集まりなんやろ?

挙げ句の果てに、お会計の時に「一人ずつお願いします」とか言ってるし。
こんな混み倒した時間帯に、一人ずつの会計なんてよく要求するよ~と、
呆れて眺めていたら、大学生っぽいアルバイト店員さんが、一言。
「お一人ずつの会計は承っておりません。代表の方がまとめてお支払いください」。
と、言葉は丁寧やけど、きっぱり冷たく、突き放していた。

夕食時の、かきいれ時。
家族連れも多く訪れる、飲食店にとって、お客の回転早めたい時間帯。
そんな時間帯に、どのくらい長時間、大声で騒ぎながら、店の一画を占拠していたのか・・・?
それはわからないけれど、お店としては迷惑千万、だったに違いない。
その上「会計一人ずつ」なんて要求されたら、「お前ら、いいかげんにしろ!」と、
どやしつけたくなっても、不思議はない。
あの店員さん、よくブチギレせずに堪えたよなぁ・・・。
声には、若干・・・怒気が含まれていたけれど。

この話、何がせどりに関係あるんや~とツッコまれるかも。
でも、「お客様を選ぶ」、という視点で考えてみよう~。
家族連れで来れるお好み焼き屋さんとしては、中学生の団体が来ても、
お断りする訳にはいかないけれど・・・。

密林マケプレに出品しているせどら~は、お客様を選ばないとアカン。
誰に何を売るか、ということを意識して、リサーチ・仕入れ・出品する。
そうやって、非常識な要求をしたり、クレームをつけたりするようなお客を、
自分から意図的に排除する。

購入者層が、今日のお好み焼き屋の中学生の団体のように、
自分のことしか考えられない、精神的に幼稚なヒトが多そうな商材。
そういうのを避けるようにすると、いらぬクレームや理不尽な要求に、
エネルギーを費やすことは、少なくなる。

お客様は、選ぼう。
そのためにも、誰に何を売るか、はいつも意識するように~。

人気ブログランキングへ
中学生の団体、私たちが食べ終わって帰宅する時にも、道で大声で騒いでいた・・・。

 - せどり, せどりノウハウ