テーピング 3週間で さようなら

   

明日で、剥離骨折してから3週間目。
今日は、整形外科に行ってきた。
3週間でどのくらい骨折がよくなったか・・・状態を知りたかったし。
テーピングを外し、足首サポーターで保護していざ、出陣。
整形外科に行ったら、土曜の午前中、鬼込み状態。

続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

入浴のときは、テーピングを外してもいいよ。
でも、足首サポーターはしててね、と言われたのを、マジメに守っていた。

どのくらい、剥離骨折の箇所はよくなってるんやろう・・・?

ネットでググると、この骨折、ヒトによって予後が様々。
1ヶ月くらいやとギプスがやっと外れた、とかそんな感じ。
ヒトによっては、手術したなんて記事もあったり。

まさか、今更ギプスにする?とか言われたりしないよね・・・。

腫れも内出血も引いているし・・・。
思ったよりくっつきが悪いから、やっぱりギプスにする?
そんなことは言われない、と思うけれど・・・。

鬼込み状態の待合室で、ぼんやりと自分の順番を待つ。

2時間近く待って、ようやく私の名前が呼ばれた。

診察室に行き、ドクターに足を見せる。

「晴れと内出血、だいぶよくなったね」

「どれ、CTで診てみよう」

足にゼリーを塗り、小型のプロープが足に当てられる。

モニターに、足の内部の様子が映し出される。

「前回より、内出血引いてキレイになってるのわかるでしょ」

うん、確かにすっきりしているなぁ。

モニターには、5センチくらいの目盛りみたいな線が。

「この目盛りが1センチなんだよね。拡大して映されてるんだよ」

ほう、随分と拡大されてるんやなぁ。
でも、そうでないと、細かい内部状態、わかんないもんね。


人気ブログランキングへ

剥離骨折している箇所と、そうでない箇所を交互に映し出し、状態の比較。

骨折してるところのあいだに、もやもやとした白いものが映る。

「仮骨ができてきてるね。どれ、ちょっとごめんね」

ドクターが指先を軽くk曲げたり、足の甲を少しだけ外側に曲げたりしてみる。

骨折箇所、それにつられて動かない。

「これ、ちょっと剥がれた、って感じで済んだね」

「この剥離骨折、大きさとしたら3ミリ程度だよ」

・・・?!

なんですってぇ~~~・・・?!

たった3ミリ程度の剥離で、
私の左足はあんなに腫れ上がり、

内出血で紫色に変色してたんかい~~~!!!

むむぅ~~~。

改めて思う。
骨折、おそるべし。

「うん、仮骨できて、骨折箇所くっついてきてるね」

「大きく動くところじゃないし、偽関節できる心配もなさそうだし」

「大きな力がかからないよう、気をつけて歩いてね」

「テーピングももういいよ。その足首サポーターでの保護は続けてね」

「あと1週間くらいで、骨折箇所くっつくと思うよ。治り早いね」

というワケで、テーピングから開放される。

テーピング、3週間でさようなら。

足首サポーターでの保護を続け、カンジキサンダルでペンギンのように、
ペタペタと歩くのは、当分続けるけれど。

痛みもほとんどなく、腫れと内出血もなく、ルックスは右足と変わらない状態。

受傷直後に、ひたすら冷やし倒し、足首サポーターで保護したのが良かったのかも。

我が家の大きな子供(夫とも言う)が、バスケ男子で、捻挫や骨折の手当になれていたのも、
プラスに働いたんやろうなぁ。

この状態なら、ガンダム展、終了前にいけそうや・・・。

ふふ・・・♪

骨折、おそるべし・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき